注目キーワード

イノベーション

林業現場への新技術の導入を加速化するため、「林業イノベーション現場実装推進プログラム」を策定。イノベーションによる林業の将来像と技術開発の現状や課題を整理した。プログラムの実現のための開発や実証とは?

林業現場へ新技術を導入! NTTドコモ・通信システム活用の遠隔操作式作業機械とは?

林業の特性を踏まえた新技術を活用し、生産性や安全性を飛躍的に向上させる「 林業イノベーション」。地域レベルでの導入支援や技術開発促進に向けた異業種連携が始動した今、改めて「林業の革新」を振り返る。

異業種連携&地域展開を加速! 林業現場でイノベーションが求められるのはなぜ?

最新技術が、森を、地球を救う時代。森林火災の発生リスクが高いアメリカでは、AIと超高解像度カメラで森林火災を早期に検知できる技術が開発された。

アメリカ発! 森林火災をリアルタイムで検知!? AIと超高解像度カメラで森林を守る

曲がり材などの未利用材や国産広葉樹は、製材しにくいためチップや木質バイオマス燃料へ活用されている。しかし使い道はそれだけじゃない! 新しいマテリアルとして生まれ変わり活躍していることをご存じだろうか?

《自転車や人工衛星も!?》未利用材や国産広葉樹が大活躍!”これからの木材利用”最前線

木質バイオマスの活用方法は、もうエネルギー利用だけじゃない。牛が食べ、人も食べる!? 木質バイオマスの新しい活躍方法とは。里山林の広葉樹活用に貢献しながら安心して楽しめる嬉しい製品を紹介しよう。

木の繊維を練り込むとスイーツがおいしくなる!?《知ってる?木質バイオマス最新活用》

欧州宇宙機関(ESA)は、衛星リモートセンシングによる地球全体の森林バイオマスを観測するプロジェクトを進めている。初めてのレーダーも搭載するヨーロッパ最新の人工衛星。その目的や計画とは一体?

宇宙から「地球全体の森林バイオマスをマップ化」する!? 観測衛星、打ち上げ間近!

過酷な環境下でも“動ける”電動四足歩行ロボット! 人手不足や高齢化、業務効率化などの課題を抱えている今、スマート林業と地球の未来を担うロボットに期待が集まっている。日本林業を救う秘めた可能性に迫る!

世界初の林業実証実験、驚きの結果とは?〈後編〉四足歩行ロボット「Spot」の可能性

人手不足や高齢化、業務効率化などの問題を抱える林業。厳しい勾配の山林に入るのは、ロボットにまかせてみるのはどうか。アメリカ発の電動四足歩行ロボットが日本を、そして地球を救う?! 検証中の活用場面とは?

研究者の心を奪った四足歩行ロボット「Spot」とは?〈前編〉日本林業の救世主になるか

3次元森林計測装置『OWL』は、サービス開始から7年目を迎え、導入事例は150台を越えた。その『OWL』とAIスマートグラスを組み合わせた新サービスが1月末にリリースされる。

スマートグラス越しに森林資源データを確認!『OWL-ARナビゲーションシステム』が販売開始

海外の森林管理技術はめざましく進化している。世界初、カメラ付きドローンを用いて樹幹のデータを収集するソリューションを開発した、スウェーデンの注目スタートアップ企業の事例を見ていこう。導入メリットとは?

樹木レポートを自動生成する!? 【世界初】スウェーデン自律飛行ドローンソリューション

1 2 3 4 7

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 様々な工夫を凝らして森林の回復を目指す! 林業家の努力と取り組み
  2. KANEKO重機が林業展で薪割り機を発売! モデルチェンジでさらに使いやすく進化!?...
  3. 『きちんと応募がくる』林業専門の求人サイトRINDOがオープン! なぜ今、開設?...
  4. 京大発企業が開発! 林業現場で“気軽に使える”ドローン+AIの森林計測ソフトとは?...
  5. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  6. 【2023年版 大型チェンソー7選】メーカーに聞く「林業向け」機種、最適な1台は?...
  7. “伐らない林業”が目指すもの【後編】中川流、新しい林業の働き方とは?...
  8. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  9. 木を食べる&木で調理する! 「味覚」から考える木材活用法が続々誕生中...
  10. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.18|¥0
2023/12/22発行

お詫びと訂正

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら