政策・マーケット

国税として2024年から徴収が決まっている森林環境税。あまり話題に上がらないこの税金の正体は何か?林野庁の発表資料を基にわかりやすくまとめてみた。

2024年スタートの“森林環境税”って? 意外と知らない“森林環境譲与税”との違いとは?

ここ数年で世界的に広がった「化石燃料やプラスチックをなるべく使わない」という流れ。この時流に乗り、林業を成長産業として発展させていくには「パラダイム転換」が不可欠だ――。森林ジャーナリストの田中淳夫氏が「希望の林業」を語る連載コラム第1回。

【連載コラム】森林ジャーナリスト・田中淳夫氏が説く! 林業界に必要な「パラダイム転換」とは

アクセスランキング

  1. エンジン式に劣らぬパワーのバッテリー式チェンソーがマキタから登場!
  2. 林業の新潮流「特殊伐採(アーボリカルチャー)」とは? 日本で大注目の新技術に迫る
  3. 効率と安全性を追求! 2019年注目の「最新林業マシン」3選
  4. ティンバースポーツの圧巻のデモも! STIHLが『MS 500i』発売記念イベントを開催
  5. 林業現場で活躍間違いなし! 気分も上がる新製品4選!
  6. STIHLプロダクトマネジャーに訊く! “持続可能な林業”をかなえる製品開発への想い
  7. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  8. 伐木も枝払いもコレ1台でOK!? ウワサのSTIHL最新チェンソー『MS 500i』を使ってみた
  9. フリーマガジン「フォレストジャーナル」9/20(金)創刊!
  10. 岡山県で急成長中の林業会社・杉産業が「スマート林業」を実践する理由

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.01 / ¥0
2019年9月20日発行

 


 


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら