政策・マーケット

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、政府は林業経営体(森林組合、素材生産者、自伐林家など)で感染者が発生した場合の基本ガイドラインを公開した。今、私たちには何が求められているのだろう。

新型コロナウイルスが発生した際のガイドラインが公開! 林業従事者にできることとは

3月6日に閣議決定された森林組合法改正案。今国会での成立が見込まれる改正案によって、森林組合にどんな変化が見込まれるのか。3つのポイントに絞って整理した。

森林組合法改正案が閣議決定! 法案成立前にポイントを理解しよう

所有する森林を手放したい人も森林を所有したい人も多く、山林の売買は今後増える見込みだ。そこで重要になるのが、森林経営に前向きな人への譲渡だ。実は自治体も、所有権や境界線確定、譲渡先の森林管理能力の判定などの作業は苦手な分野なので、新規ビジネスとして参入余地もあるだろう。

増加する山林の売買。 “森林探偵”の需要が高まる

林業界が抱える問題は「自分の森林がどこにあるのかわからない」「隣の山主との境界線がわからない」というものだ。そのような土地には誰も手を出すことができず、そのままにしておくと森林は消えたも同然になる。そうした事態をくい止める、新たな森林ビジネスが今、求められている。

林業界最大の問題とは何か? 新たな森林ビジネスが求められている

日本で代表的な森林認証制度は「FSC」と「PEFC」の2つだ。世界中で最も広く普及していてる認証制度でもあり、どちらを取得するのがいいのかと迷われる方も多いのではなかろうか?今回は、特徴や取得方法の面から比較。あなたの会社ではどちらの認証制度が適切か、認証導入に向けて参考にしていただきたい。

森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説

今や日本国民の3割が罹患していると言われるスギ花粉症。林野庁は、令和2年度の予算概算要求の中に花粉症発生源対策推進事業の要求額として1億3500万円を盛り込んだ。抜本的な花粉症対策が急かされる中、国としてどのような対策を行うのか。

花粉症対策に1億3500万円! 花粉症発生源対策推進事業とは?

ゲリラ豪雨や台風を原因とする災害が多発する近年、森林の持つ保全機能にも注目が集まっている。国や林野庁は、どのようにスマート林業を推進しているのだろう?日本におけるスマート林業について、林野庁職員が初歩から教えてくれた。

国や林野庁はどう進める? スマート林業推進の施策を直撃!

山形県は長期的に手入れされず荒れてしまった森林の整備事業に関して、これまで森林所有者と取り交わしていた協定の見直しを進めている。協定は所有者の森林機能の維持を目的に20年間にわたり皆伐を禁止し、山林を活用する足かせになっていた。まずは条件付きで皆伐を認める方針だ。

山形県が森林の皆伐を容認!? 国内産木材需要に応えられないジレンマ

日本の林業が衰退している。その原因は森や木への興味が失われているからではないだろうか。そんな思いから始まった子供たちへの「木育」。遠回りかもしれないが、長期的な視点は欠かせない――。森林ジャーナリストの田中淳夫氏が「希望の林業」を語る連載コラム第2回。

森と木を身近に!子供への木育は林業振興の第一歩

総務省は9月30日に森林環境譲与税を地方自治体に初めて割り当てた。総額100億円を森林面積や人口などに応じ、配分する新たな試みだ。しかし、一部地方自治体から大都市が受ける多額の配分金に異論が出ている。異論が出ている背景を追いかけてみた。

地方自治体からの異論多数! 初配分された森林環境譲与税の配分基準

1 2

アクセスランキング

  1. 林業現場の緊急時にも大活躍! 圏外エリアでもチャット通信できる“ジオチャット”とは
  2. 小回りが効いて使いやすい! 狭い道でも活躍する一台へと昇華させるグラップルソーとは
  3. 安全対策は”KY朝礼”から! 異業種の常識を取り入れるマネジメント術
  4. 増加する山林の売買。 “森林探偵”の需要が高まる
  5. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号3/17発行!
  6. 過酷な林業現場をストップさせない! 作業者の負担を減らすエンジン冷却システムに注目
  7. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  8. 森林組合法改正案が閣議決定! 法案成立前にポイントを理解しよう
  9. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  10. 北陸最大級の屋内木育広場がオープン! 「木育の町」池田町で、森と木の魅力にふれる

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.03 | ¥0
2020/3/17発行

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら