注目キーワード

政策・マーケット

株式会社パスコが地方自治体向けに提供をスタートした、人工衛星とAIを活用した森林管理業務の支援サービス。同サービスの概要と、導入によって得られるメリットを整理した。

現地調査の時間と労力を削減! 人工衛星とAIを活用した森林管理の支援サービス

株式会社森未来(しんみらい)が、木材仕入れの効率化を支援する新サービス「eTREE DASH」のβ版をリリースした。木材のサンプル探しの効率化を強力に後押しするこのサービス。他にもユーザーにとってどのような魅力があるのか紹介する。

木材サンプルを最短翌日にお届け! スピーディーな木材仕入れをサポートする新サービス

ろくもじ株式会社が開発・販売を手がける国産プレミアムクラフトジン「ROKUMOJI」は、アテビやクロモジを主体に全6種類の森林資源を活用している。今回は、中心となって商品開発に取り組んできた今成駿吾さんに、プロジェクトにかける想いを伺った。

ジンを通じて持続可能な森林資源の活用を! 『森林×食』から誕生したクラフトジンとは

一般社団法人Deep Japan Labは株式会社竹中工務店、NPO法人グリーンズとの共同プロジェクト『キノマチプロジェクト』を立ち上げた。メディア展開を中心とするその取り組みを紹介する。

まちと森がいかしあう地域社会を! 注目の『キノマチプロジェクト』とは?

株式会社日本省電は、森林由来の環境クレジット販売サービスを開始した。サービスの概要を紹介するとともに、そもそも「クレジット」とはどのような制度なのか、解説する。

森林由来のJ-クレジット販売サービスが始動! クレジットの仕組みや特徴を解説

林業人材と事業開発人材とのコラボレーションによって森づくりの課題の解決を目指すプログラム『SUSTAINABLE FOREST ACTION 2020』。株式会社Speroは同プログラムの参加者を募集。また優秀なチームには事業化資金が支援される。

他業種交流でイノベーションを!『SUSTAINABLE FOREST ACTION 2020』参加者募集中

他業界では進むICT化。林業業界ではなぜ進まないのだろうか。ポイントは林業が「補助制度の基に成立している業種」であることだ。林業業界のICTを考える、FOREST MEDIA WORKS Inc.のCEO楢崎達也氏による連載コラム。

林業事業体でICT化が進まない理由を考える 〜業界は本当にICT化を求めているのか〜

鳥取県八頭郡智頭町で、ICTで地方山間部の課題解決をめざす「山村ICT化推進プロジェクト」がスタートした。官民一体となった取り組みに注目が集まる。

企業と自治体がタッグ! 林業後継者の確保を目指す”山村ICT化推進プロジェクト”とは

農林中央金庫は、森林組合および森林組合連合会が各種安全装備を購入した場合に費用の30%を助成する「林業労働安全性向上対策事業」の利用者を募集を開始した。今年度から、研修資材や作業補助器具も助成対象装置に追加されている。

農林中金が安全装備の導入費用を助成! 森林組合と森林組合連合会が対象に

全国で林業ICT化が進んでいるが、林業業界は本当に業務のICT化を求めているのか? そう語るのは、FOREST MEDIA WORKS Inc.のCEO楢崎達也氏。林業事業体の経営支援者という視点から林業業界のICTを考える、同氏による連載コラム。

経営視点から林業業務のICT化を考える 〜業界は本当にICT化を求めているのか〜

1 2 3

アクセスランキング

  1. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新夏号発行!
  2. 高性能林業機械の修繕費を抑えるために重要なポイントは? 最新論文を解説
  3. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  4. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  5. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】
  6. 日本発の植樹手法「宮脇方式」を応用! インドで行われる注目の植林プロジェクト
  7. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  8. 森林組合法改正案が閣議決定! 法案成立前にポイントを理解しよう
  9. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  10. 効率と安全性を追求! 2019年注目の「最新林業マシン」3選

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.04 / ¥0

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら