エコ・地域づくり

主伐期を迎えた日本の森林資源を有効活用する手段として期待されている木質バイオマス活用。そこでは社会システムの構築とともに、高効率な林業機械が求められている。

高効率&低コストで実現! 知っておきたい「木質バイオマス利活用」のはじめかた

今、サステナブルな森林経営が世界で求められている。その根底にある最も大事なものは”自然環境保護”だ。それを訴える作品がオーストラリアの「フォー・フォレスト」だ。

サッカースタジアムが森林になる!? 自然環境保護の必要性を表現!

伐採跡地では再造林が行われるのだが、最近は苗木の植栽本数は少なめにするという低コスト造林の手法が採用されるケースが多い。しかし、植栽本数を減らせば間伐作業の選択肢が減り、木の質が落ち単価が下がる。それは本当に低コスト造林と言えるのか。山づくりの考え方を今一度見直してみよう。赤堀楠雄連載コラム「令和の林業最前線」。

「低コスト造林」一辺倒でいいのか? 良い山づくりに必要なものとは

人と自然とのつながりを感じながら、五感をフルに活かして食を楽しむオランダのイベント。開放的な空間に癒やされそうだ。

起業家や学者など750名が集結! 自然の中で食を楽しむ「フードフェスティバル」

木々の健康状態がひと目でわかる……!? ベルギーで新たなプロジェクトが始まった。街の樹木を効率的にモニタリングすることで、管理やメンテナンスに役立てる試みだ。

街の木々の健康状態を可視化! IoTを活用したプロジェクトが始動

アクセスランキング

  1. ソーチェーンとして世界一採用される理由とは? 随一の技術力で林業ギアを支える
  2. 「みちのくあじさい園」の経営で名所となった林業事業
  3. 減少を続ける”林家”の手取り。 本当に国が掲げるべき政策とは?
  4. 日本の森は“手遅れ”ではない! ドイツ式“気配り森林業”に学ぶ
  5. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  6. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新冬号12/13発行!
  7. 国や林野庁はどう進める? スマート林業推進の施策を直撃!
  8. 高効率&低コストで実現! 知っておきたい「木質バイオマス利活用」のはじめかた
  9. 山形県が森林の皆伐を容認!? 国内産木材需要に応えられないジレンマ
  10. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2019/12/13発行

 


 


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら