注目キーワード

イノベーション

木の「運び方」でも、サスティナブルなあり方が模索されている。スウェーデンのトラックメーカーが開発した、世界初の木材運搬用電気トラックを見てみよう。今年行われた試験走行の結果は一体?

【世界初】木材運搬用電気トラック開発! 製紙大手SCA社に導入へ。脱炭素に大幅貢献

脱炭素の動きが強まる中、電気自動車化の波は産業用車両にもやって来た。だが林業機械は悪路走行が前提で、しかも木材は重い。電動車両にその馬力は実現できるのか? 実用化に向け、浮き彫りになっている課題とは?

林業で「車両機械電動化」は可能か? 問題は〇〇力。実用化の課題やコストを考えてみた

フィンランドでの大手製紙会社が、スウェーデンのリチウムイオン電池製造会社とタッグを組んで、新しいサステナブルな電池を開発した。環境に配慮して木を使う海外の次世代林業から、新しい可能性が見えてくる!?

【サステナブルな新電池】フィンランドで開発! 木質由来の新材料に巨額投資、量産へ

100年に一度の渋谷再生計画から樹齢500年もの杉の森保全事業まで。幅広く国内インフラを支え、多彩で高い技術を有する専門家集団が開発する持続可能な森林経営とグリーンインフラを実現する8つの革新的ツールとは?

革新的テクノロジーで森林の課題を解決する専門家集団が新たに手がける8ツールとは?

5月28日からの7日間、「北海道フィンランドウィーク」が開催された。6月1日に行われた林業DAYの発表の中から、林業先進国であるフィンランドのデジタル化の現状をレポートする。

【デジタル化進むフィンランド】ほぼ同等の森林面積で、木材収量3倍なのはなぜ!?

スウェーデンで、5Gネットワークを介してホイールローダーを遠隔操作する実証実験が行われた。林業の生産性と安全性の向上に期待が寄せられている。

ボルボ発、木材の積み込みを遠隔操作! 5Gを用いた世界初の実証実験とは?

オランダではバイオアスファルトの研究開発が進められている。道路建設での環境負荷を軽減し、化石燃料への依存度を低減させるのが狙いだ。2021年には、世界で初めて試験的な導入もされた。

石油アスファルトを木質原料由来「バイオアスファルト」に! 環境負荷軽減に期待。

イギリスにて、5G接続された森林を活用すべく開発された、犬型ロボット。遠隔制御され、通常立ち入ることのできないエリアもくまなく巡回可能だ。5G対応のデータ処理を用いたモニタリング技術が注目されている。

犬型ロボットがパトロール!? 【世界初、5G接続された森林】管理を高度化する試み

北海道旭川市にある林業大学校・北海道立北の森づくり専門学院に、日本では極めて珍しい搭乗型シミュレーターが導入された。

日本初、林業大学校にPONSSE搭乗型シミュレーター導入! リアルに近い練習を実施

アメリカ・アイダホ大学が研究中の、3Dプリンターを使った技術を紹介! 木材廃棄物の削減・環境負荷の軽減ができる新たな技術として期待が寄せられている。

廃材やおがくずを建設資材に再生! アメリカ発、環境に優しい3Dプリンター技術に期待

1 2 3 5

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 林業作業のオールラウンダー!? 日本のニーズに合う、高効率でパワフルな最新機械4選!...
  2. ふと思う。『林業って雨の日はどうするの…? 休み?』林業3年生が綴る林業の日常...
  3. 『断然これが良いです』愛される、小型作業車の代名詞! 信頼される、その理由とは?...
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. 「不採算森林、1ha=1万円で買い取ります」森も人材も育てる『青葉組』が目指すのは?...
  6. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  7. 2024年スタートの“森林環境税”って? 意外と知らない“森林環境譲与税”との違いとは?...
  8. 【成功例】長く乗れる新車導入で生産量UP! 安全な職場&丁寧な仕事でも、業績向上を...
  9. 伐倒から伐採まで! ロングリーチ&最先端ヘッドが緻密な作業を実現。圧巻の信頼マシン...
  10. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.13|¥0
2022/9/30発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら