注目キーワード

林業者の取り組み

若手林業従事者を生み出す教育機関の設立が進む林業界。しかし、解決しなければならない課題はまだまだ残っている。日本の林業はこれからどうなっていくべきなのだろうか。

林業学校は日本の林業をどう変える? 林業界が抱える課題とは

「見て覚える」が合言葉だった林業界に、新たな風が吹き込んでいる。2012年の京都林業大学校の誕生により、各地で林業従事者を育成する教育機関の設立ブームが起こった。この林業界の新しいトレンドは、林業界に何をもたらしたのか。

「見て覚える」のはもう古い! 体系的教育による令和式林業従事者育成とは?

お世辞にも「給料が高い」とは言えない林業をどうして選択しているのか? 不思議に思ったことはないだろうか。「一度、林業現場で働くことを知ると林業が好きになるんだ!」とほとんどの方が言う林業の魅力に迫る。

経営者の視点から見る林業の課題とは?職業としての林業を見つめ直す

森林ジャーナリストが考える林業の未来とは。山仕事でもっともきついとされる夏の下刈り。本当に必要なのだろうか。何か別の手段はないのだろうか。コラム「希望の林業」の第4回目。

林業に夏の下刈りは必要? 本当に除草剤は危険? 現場・経営に応じた判断を

自分の山の価値がわからない……そんな山主に山に生える木々の価値を知ってもらうことが林業振興の第一歩。優れた木材を銘柄化して高く販売するために、「山の棚卸し」を試みているコーディネーターがいる。

山の棚卸し×価値の品定めで稼ぐ! 山に生える木々の価値を見極めるコーディネーター

全国森林組合連合会と農林中央金庫の依頼を受け、株式会社アルファコードが制作したVRコンテンツ「林業安全教育360VR」。労働災害発生率の低減を目的に、7月から全国の安全講習実施機関等への貸し出しをスタートした。

高い没入感で伐倒事故を体験&安全にトレーニング! 「林業安全教育360VR」とは

割り箸に枕、鉛筆、ぬいぐるみ、そして木のストロー? 今や多くの賞を受賞した震災復興の騎手は、木を無駄なく使い切り、木材価格を高くする商品を次々に生み出している。

アイデア×ロスのない製造工程で稼ぐ! 木の付加価値を生み出すために必要なものとは

現場の多くは、山ではなく空。高い木に軽快に上り、華麗な手さばきで伐り進める。徹底した安全管理と確かな技術力により特殊伐採を極める「國武林業」。「林業の新しいスタイルを確立して、次の世代に木のバトンを渡したい」と語る、若き林業家の経営論とは。

特殊伐採×未利用材活用で稼ぐ!林業の新スタイル確立を目指す若手林業家の経営論

歴史ある林業会社の4代目・小友康広氏がめざす『世界で一番「カッコイイ」木材店』は、古い鞘には収まらない。ITを駆使し、まちづくりとコラボしながらビジネスチャンスを広げ岩手に新風を巻き起こす。

デジタル×人とのツナガリで稼ぐ! IT化でビジネスチャンスを広げる話題の木材店とは

樹木の幹と天然水だけを原料としたブレンドティー「konoki(このき)」。その製品化に向けてのクラウドファンディングが7月6日からスタートした。目標金額は150万円。3,000円からの支援が可能だ。

“木を飲む ”ことで森をもっと身近に! 木の幹からつくるお茶「konoki」とは

1 2 3 6

アクセスランキング

  1. フリーマガジン「フォレストジャーナル」2020年秋号 9/15発行!
  2. 経営者の視点から見る林業の課題とは?職業としての林業を見つめ直す
  3. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【林業用ジャケット編】
  5. 林業学校は日本の林業をどう変える? 林業界が抱える課題とは
  6. 「見て覚える」のはもう古い! 体系的教育による令和式林業従事者育成とは?
  7. トップハンドルに.325″を装着! オレゴンのスピードカットナノの実力に迫る
  8. 増加する山林の売買。 “森林探偵”の需要が高まる
  9. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  10. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.05 / ¥0
2020年9月15日発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら