注目キーワード

機械・ツール

残暑を乗り切るための最新冷感グッズが登場! 複数の優れた機能が備わっていることに加え、ファッションとしてのこだわりが感じられる魅力的な商品が発売されている。その中から5選をご紹介!

まだまだ油断大敵! 残暑を乗り切るための最新冷感グッズ5選

9月1日、名古屋の木材・木工商社トキワランバテックは、国産木材を生かした超軽量のデザインキャンプギアブランド「cridas(クリダス)」の先行販売をWeb限定でスタートした。

国産材を生かした木製キャンプギアブランドが誕生! cridasとともにフィールドへ繰り出そう

近年、小排気量モデルとバッテリー式モデルの高性能化が進み需要が増えている。ここでは、その「新たなパワー」に最適化されたオレゴンの新しいカッティングシステムを紹介しよう。

トップハンドルに.325″を装着! オレゴンのスピードカットナノの実力に迫る

機能性に優れた林業用ジャケットは、作業の快適さをサポートする。数多くのジャケットの中からでも、自分に合ったアイテムをしっかりと選びたいもの。そこで今回は、人気メーカー7社のアイテムを着比べ、デザインや着心地、動きやすさなどをチェックした!

ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【林業用ジャケット編】

メンテナンスの基本は「清掃」。まず、汚れたところをキレイにする。それを日々心がけておけば、故障や異常も早く見つけることができる。パーツごとの注意点をチェックしよう!

機械を長持ちさせるためにはまず清掃から! 下刈り機のパーツ別メンテナンス方法

まずは、しっかりした安全装備。そしてよく切れる刃を準備する。作業は右から左へ移動しながら刈払うのが基本となるので、複数人で現場へ入る時は、各自が持ち場を決め必要以上に近づきすぎないように十分注意しよう。

下刈り作業の基本を復習しよう! ベテランフォレスターが教える6つのポイント

炎天下で行う下刈り作業は過酷なものだが、だからと言って軽装で作業する事はお勧めできない。まずはしっかりと安全装備。そして十分な休息と水分補給を忘れずに。

炎天下の夏の作業になるからこそ準備が大切! 下刈りで準備するものチェックリスト

高性能機械を活用して、効率的な林業を。今回紹介するのは、下刈りで活躍が期待されるリモコン式草刈機。草刈機では、日本で初めて自動運転が可能になる。

日本初の自動運転システム搭載! 斜面や不陸地でも安全に作業できるリモコン式草刈機

夏の林業は暑さとの勝負。熱中症にならないためにも、効率的に作業を行うためにも、最新涼感アイテムを積極的に取り入れよう。今回は目白押しの機能を備えた5つのアイテムをご紹介。

猛暑と闘うあなたを助ける! 作業中におすすめな最新涼感アイテム5選

下刈りの自動化はどこまで進んでいるのだろうか。今回は「下刈りの未来」をテーマに、最新の研究動向について、最前線で開発に取り組む森林総合研究所の山田健さんにお話を伺った。

林業者は下刈り作業から解放されるのか? 最新の研究動向から下刈りの自動化に迫る

1 2 3 8

アクセスランキング

  1. トップハンドルに.325″を装着! オレゴンのスピードカットナノの実力に迫る
  2. フリーマガジン「フォレストジャーナル」2020年秋号 9/15発行!
  3. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  4. 林業学校は日本の林業をどう変える? 林業界が抱える課題とは
  5. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  6. 国産材を生かした木製キャンプギアブランドが誕生! cridasとともにフィールドへ繰り出そう
  7. 「見て覚える」のはもう古い! 体系的教育による令和式林業従事者育成とは?
  8. 事務交渉を組合が一手に引き受け、現場は生産に注力 大量の原木を共同販売
  9. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】
  10. 増加する山林の売買。 “森林探偵”の需要が高まる

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.05 / ¥0
2020年9月15日発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら