注目キーワード

機械・ツール

【2023年版 大型チェンソー7選】メーカーに聞く「林業向け」機種、最適な1台は?

林業現場での相棒・チェンソーをつくるメーカーによる、オススメ「林業向け」機種をご紹介。実際にもった時や稼働時の重さは体感によって変わってくるので、ぜひ販売店にGO!

鋸断能力と加速力を実現!
耐久性のある頼れるマシン

軽量化と高出力レベルの組み合わせにより、90ccクラス最高の鋸断能力と加速力を実現した保守が容易で頑丈、耐久性のある頼れるマシン。パワフルなエンジンとX-CUT™チェンによる切れ味は圧倒的な生産性を誇る。切り粉が詰まりにくいクラッチカバーや軽量マフラーなど、作業時の煩わしさも払拭した。

DATA

●商品名:592XP®
●価格:346,500円(税込)※
●動力源:エンジン式
●排気量:92.7㎤
●バーサイズ:90cm
●本体重量:7.4kg(燃料、バー、チェンを含まない)

※2023年4月〜の価格です。2023年3月迄の価格については販売店へお問合せください。

問/ハスクバーナ

日本の山林にマッチ!
圧倒的なパワーで伐採をスムーズに

大径木化が進む日本の山林にマッチした大径木用国産ハイエンドプロソー。圧倒的なパワーで伐採をスムーズに、国内の高温・多湿環境下での過酷な社内テストをクリアし、細部までこだわりがつまっている。寒冷地に順応したヒーティングモデル有り、国内初の6流掃気シリンダーで高出力と低排出ガスを両立させた。

DATA

●商品名:shindaiwa E3073DP/600TDP
●価格:279,400円(税込)
●動力源:エンジン式
●排気量:73.5㎤
●バーサイズ:60cm
●本体重量:6.7kg(燃料、バー、チェンを含まない)

問/やまびこ

低排気量と軽量設計
大径木の伐倒と加工にぴったり

驚異的な加速性能で大径木の伐倒と加工にぴったり。STIHLインジェクションテクノロジーにより、パワフルな作業が可能であるにもかかわらず、並外れた低排気量と軽量設計で極めて高いパフォーマンスを実現。センサー制御により最適な燃料消費に。

DATA

●商品名:MS 500i
●価格:50cm 313,500円/63cm 317,900円(税込)
●動力源:エンジン式
●排気量:79.2㎤
●バーサイズ 50/63cm
●本体重量:6.2kg(燃料、バー、チェンを含まない)

問/STIHL



自動でエンジンを調整、最適化
有害な排気ガスの削減と燃費向上

燃料、高度、湿度、温度、エアフィルターの状態に合わせ、自動でエンジンを調整、最適化するAutoTune™と、有害な排気ガスの削減と燃費向上を実現するX-Torq®搭載。過酷な作業条件でも長時間効率よく作業し完璧な鋸断を目指した新型次世代のチェンソー。

DATA

●商品名:550XP® Mark II
●価格:191,400~204,600円(税込)※
●動力源:エンジン式
●排気量:50.1㎤、
●バーサイズ:45/48/50cm
●本体重量:5.3kg(燃料、バー、チェンを含まない)

※2023年4月〜の価格です。2023年3月迄の価格については販売店へお問合せください。

問/ハスクバーナ

充電式最速の切断スピード!
幅広い切断作業をこなす

エンジン式42mLクラスと肩を並べるほどのハイパワーで、伐倒・枝払い・玉切り等、幅広い切断作業をこなす。チェーンスピードが25.5m/秒と、充電式最速の切断スピード※で玉切り等の高負荷な作業も実現。作業時の引っ掛かりが少なく、優れた取り回しで枝払い作業などに最適だ。

※36Vクラス充電式チェンソーのチェーンスピードにおいて、2022年1月現在、マキタ調べ。

DATA

●商品名:MUC019GZ4
●価格:90,420円(税込)※バッテリー・充電器別売
●動力源:バッテリー式
●電源:直流36V(40Vmax)
●バーサイズ:45cm
●本体重量:6.5kg(5.0Ahバッテリー、チェン、バーを含む)

問/マキタ

中密度樹木の伐採に最適!
軽量化と出力アップを実現

スクリューからシリンダーに至るまで各パーツを見直し軽量化と出力アップを実現。よりハイグレードで扱いやすいモデルに進化した。M-Tronicが標準装備されているため、あらゆる条件下で常に最高のエンジンパフォーマンスを実現。中密度樹木の伐採に最適だ。

DATA

●商品名:MS 261 C-M
●価格:45cm 171,600円/50cm 173,800円(税込)
●動力源:エンジン式
●排気量:50.2㎤
●バーサイズ:45cm/50cm
●本体重量:4.9kg(燃料、バー、チェンを含まない)

問/STIHL

シンプルな機能を手頃に求めたい方に
優れた防振効果と耐久性を発揮

使い勝手と価格を追求した「M-LINE」ブランドのチェンソー。リコイルスタート部には「マジかるスタート」を搭載し、楽にエンジン始動ができる。操作部を振動元から完全に分離したことで、優れた防振効果と耐久性を発揮。シンプルな機能を手頃に求めたい方に。

DATA

●商品名:MLC4300R(18)
●価格:72,600円(税込)
●動力源:エンジン式
●排気量:42.9㎤
●バーサイズ:45cm
●本体重量:4.5kg

問/丸山製作所




FOREST JOURNAL vol.15(2023年春号)より転載

関連記事

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 2024年スタートの“森林環境税”って? 意外と知らない“森林環境譲与税”との違いとは?...
  2. 林業での暑さ対策どうする! 2023年注目したいネッククーラー5選
  3. 【2023年版 大型チェンソー7選】メーカーに聞く「林業向け」機種、最適な1台は?...
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. プロ向け刈払機用ナイロンコード『テラマックス』がオレゴンから発売
  6. 木を食べる&木で調理する! 「味覚」から考える木材活用法が続々誕生中...
  7. 「切れ味」を手軽に復活! 全国対応の「ソーチェーン目立てサービス」が始動...
  8. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号 3/29発行!
  9. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...
  10. 「いつか事故が起きちゃう」と思いながら仕事していませんか?

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.19|¥0
2024/3/29発行

お詫びと訂正

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら