注目キーワード

「スマート林業」の検索結果

森林管理における生産性向上をサポートするべく、無人ヘリ技術をフル活用し、高精度で効率的な計測サービスをスタートしたヤマハ発動機。ドローンや有人ヘリとの違いとは?

樹冠長や幹、微地形を正確に把握! ヤマハの森林計測サービスで生産性の向上を

サステナブルな森林経営は、SDGsでも示される世界共通の課題だ。エストニアでは森林火災を効果的に消化するロボットが誕生!

森林火災も効果的に消火できる! エストニアで誕生した安全かつ強力な消火ロボット

全国森林組合連合会と農林中央金庫の依頼を受け、株式会社アルファコードが制作したVRコンテンツ「林業安全教育360VR」。労働災害発生率の低減を目的に、7月から全国の安全講習実施機関等への貸し出しをスタートした。

高い没入感で伐倒事故を体験&安全にトレーニング! 「林業安全教育360VR」とは

株式会社百森が地方自治体・森林組合向けに森林管理のコンサルティング事業を開始した。コンサルティングを依頼することで、森林管理業務をスリム化し、人員を削減しつつ実行力のある体制を構築できる。今回は、同社のサービスの特徴とメリットを整理した。

放置森林を地域資源に! 「西粟倉モデル」のノウハウを活かした話題のコンサルティング

チェンソーによる伐木作業の安全講習はいまだにテキストによる教科書学習が中心。そんな状況を解決するのが、仮想空間で伐木に伴う労働災害を疑似体験し、労働災害の未然防止をはかることを目的に開発された「林業労働災害VR体験シミュレーター」だ。

疑似体験で労働災害の未然防止を! VRによる世界初の林業労働災害防止講習とは?

森林に関わる法制度と税制の変更にともない、国際航業が提供する『森林情報コンサルティング』に注目が集まっている。それは一体どのようなサービスなのだろうか?

森林計測・解析から林地台帳やGISまでサポート! 注目のコンサルティングサービス

過酷な環境で働く林業者に朗報! 山の中の携帯圏外でもチャット通信が可能なデバイスが、いよいよ販売開始された。その概要をご紹介しよう。

林業現場の緊急時にも大活躍! 圏外エリアでもチャット通信できる“ジオチャット”とは

電子国家、エストニア発の素材検知アプリ「Timbeter」。世界中で二万人を超えるユーザーが利用する、まさに世界水準のアプリケーションだ。その魅力はどこにあるのか。詳しく紐解いていこう。

進化が止まらない! 世界が認めた検知アプリ「Timbeter」

素材検知アプリ「iFovea Pro」は、はい積みされた丸太をスマホで撮影するだけで、丸太の本数・直径・材積が計測できる優れモノ。林野庁のレポートを基に、その実力を分析する。

検知の効率が劇的に向上! 検知アプリ「iFovea Pro」の性能とは

令和2年10月4日(日)・5日(月) 、北海道苫小牧市にて全国の最新鋭林業機械が集うイベント「2020森林・林業・環境機械展示実演会」が開催される。多くの有名企業が参加するこのイベント、今回の開催場所が北海道郊外の広々とした土地なだけあり、前回よりもパワーアップした実演会になりそうだ。

2020年は北海道で開催! 国内最大級の林業機械実演会が出展社を募集中!

1 2 3

アクセスランキング

  1. トップハンドルに.325″を装着! オレゴンのスピードカットナノの実力に迫る
  2. フリーマガジン「フォレストジャーナル」2020年秋号 9/15発行!
  3. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  4. 国産材を生かした木製キャンプギアブランドが誕生! cridasとともにフィールドへ繰り出そう
  5. 事務交渉を組合が一手に引き受け、現場は生産に注力 大量の原木を共同販売
  6. 林業学校は日本の林業をどう変える? 林業界が抱える課題とは
  7. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  8. 「見て覚える」のはもう古い! 体系的教育による令和式林業従事者育成とは?
  9. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】
  10. 増加する山林の売買。 “森林探偵”の需要が高まる

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.05 / ¥0
2020年9月15日発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら