注目キーワード

「スマート林業」の検索結果

国内有数の森林航測技術を持つことで知られるアジア航測。森林資源情報の見える化をリードしてきたトップランナーだ。しかし、彼らが目指すのは「見える化」のその先だという。ICT林業課長の大野勝正さんにお話を伺った。

森の見える化のその先へ! 注目の森林クラウドシステムが「本物のスマート林業」を実現

森林組合導入率No.1の測量システム「ARUQ」をはじめとして、20年以上に渡って森林関連のソフトウェアを開発してきた株式会社ジツタ。そのノウハウを生かしながら、さらなる進化を遂げた同社の最新製品の魅力に迫る。

こだわりぬいた「使いやすさ」でスマート林業を支える! 進化を遂げた最新ICTシステム3選

「山を相続したけど、どう活用すれば分からない」。そんな山持ちの人の悩みに応える林業×ITのマッチングサービス「山守 YAMAMORI」。山林活用の提案から売買・レンタルの仲介から持ち山で獲れるクワガタ情報まで、スマホで簡単に見ることが可能だ。

「山持ち」「山で働く人」「山を買いたい人」3者を結んで資産化へ! ITサービス『山守』とは?

3D点群データを自動解析できるオンライン処理ソフト「スキャン・エックスクラウド」が今年9月にリリース。林業向け機能として、樹種自動分類や樹木カウント、森林台帳生成等を挙げている。現状の機能から今後の展望まで、CEO宮谷氏に話を聞いた。

森林台帳もラクラク生成可能! 3D点群データ解析ソフトが安価なサブスクで登場

山林をデータ化して管理するため、独自でソフトウェア開発を続けてきた晃洋設計測量。山を知る開発者だからこそ実現したラインナップをご紹介しよう。

山を知る開発者だからこそ実現! 異次元の使いやすさを誇る山林管理サービス

9月1日、九州電力株式会社、九電ビジネスソリューションズ株式会社、九州林産株式会社の3社は、「自治体向け森林資源の見える化サービス」をスタートした。

AI×ドローンでスマート林業を支援! 自治体向け森林資源の見える化サービスが始動

北海道で苗木の生産・販売に取り組んできた大坂林業は、苗木生産の工程にユニバーサルロボット社の協業ロボットを導入したことを発表した。苗木生産機械化の最前線に迫る。

人手不足に悩む苗木生産者の救世主!? コンテナ苗の生産を支える協業ロボットが登場

アドイン研究所の森林3次元計測システムOWL(アウル)。間伐の現場で活躍するツールだが、再造林の低コスト化にも応用できるという。開発責任者である塩沢恵子さんにお話を伺った。

ノウハウの「見える化」で、低コスト再造林を加速! 森林調査を変える革新ツールに迫る

手間がかかる原木椪の検知作業にアプリを活用している現場が増えている。そこで今回は、国土防災技術株式会社のスマートフォン用の原木椪検知アプリ「AI丸太検知くん」を紹介しよう。

人力カウントからICT検知へ! 計測精度アップと計測時間短縮を実現したアプリとは

森林管理における生産性向上をサポートするべく、無人ヘリ技術をフル活用し、高精度で効率的な計測サービスをスタートしたヤマハ発動機。ドローンや有人ヘリとの違いとは?

樹冠長や幹、微地形を正確に把握! ヤマハの森林計測サービスで生産性の向上を

1 2 3 4

特集企画

アクセスランキング

  1. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  2. 【里山ライフハック】あっという間に薪の山を作る! 世界最強!?の薪割り体験レポート...
  3. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  4. 【冬支度のいろは】現役林業家から学ぶ! 冬支度で用意すべきアイテム10選...
  5. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  6. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  7. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは...
  8. フリーマガジン「フォレストジャーナル」2020年冬号 12/21発行!
  9. 安全性と高性能を両立! メンテナンスコスト低減を実現させた油圧ショベルに新型モデルが登場...
  10. 伐木も枝払いもコレ1台でOK!? ウワサのSTIHL最新チェンソー『MS 500i』を使ってみた...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.06 / ¥0
2020/12/21発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら