「スマート林業」の検索結果

森林に関わる法制度と税制の変更にともない、国際航業が提供する『森林情報コンサルティング』に注目が集まっている。それは一体どのようなサービスなのだろうか?

森林計測・解析から林地台帳やGISまでサポート!注目のコンサルティングサービス

過酷な環境で働く林業者に朗報! 山の中の携帯圏外でもチャット通信が可能なデバイスが、いよいよ販売開始された。その概要をご紹介しよう。

林業現場の緊急時にも大活躍! 圏外エリアでもチャット通信できる“ジオチャット”とは

電子国家、エストニア発の素材検知アプリ「Timbeter」。世界中で二万人を超えるユーザーが利用する、まさに世界水準のアプリケーションだ。その魅力はどこにあるのか。詳しく紐解いていこう。

進化が止まらない! 世界が認めた検知アプリ「Timbeter」

素材検知アプリ「iFovea Pro」は、はい積みされた丸太をスマホで撮影するだけで、丸太の本数・直径・材積が計測できる優れモノ。林野庁のレポートを基に、その実力を分析する。

検知の効率が劇的に向上! 検知アプリ「iFovea Pro」の性能とは

令和2年10月4日(日)・5日(月) 、北海道苫小牧市にて全国の最新鋭林業機械が集うイベント「2020森林・林業・環境機械展示実演会」が開催される。多くの有名企業が参加するこのイベント、今回の開催場所が北海道郊外の広々とした土地なだけあり、前回よりもパワーアップした実演会になりそうだ。

2020年は北海道で開催! 国内最大級の林業機械実演会が出展社を募集中!

スマート林業は森林をデータとして見える化することで始まる。それに最適な製品が『OWL』だ。その開発背景と製品の概要についてご紹介しよう。

カンタン、素早い、高精度! 「OWL」での見える化が各地で拡大中!

盛んに使われているスマート林業という言葉に込められた意味とは。また、林業の現場には今後どのようなスマート林業機械が入ってくるのか。本分野における本邦随一の研究機関である森林総合研究所にお邪魔して、それらのお話を伺った。

本分野プロ森林総研に聞く! 日本のスマート林業の研究成果とは

ゲリラ豪雨や台風を原因とする災害が多発する近年、森林の持つ保全機能にも注目が集まっている。国や林野庁は、どのようにスマート林業を推進しているのだろう?日本におけるスマート林業について、林野庁職員が初歩から教えてくれた。

国や林野庁はどう進める? スマート林業推進の施策を直撃!

スウェーデン生まれの運搬機械メーカー・HIABが発売したとある製品が、世界中で注目を集めている。そこで今回はHIAB製品を日本で販売するカーゴテック・ジャパンに話を聞いた。

VR技術を駆使した“HiVision”誕生物語。スマート機械が林業に若者を呼び込む?

スマート林業への動きが、どんどん広がっている。活用できるサービスやアイテムを取り入れると、見える化や効率化が実現可能だ。今回は、計測/解析系アイテムを6つ紹介する。

生産性・効率性がUP! 林業で活用したい「計測・解析系アイテム」6選

1 2

アクセスランキング

  1. 林業現場の緊急時にも大活躍! 圏外エリアでもチャット通信できる“ジオチャット”とは
  2. 小回りが効いて使いやすい! 狭い道でも活躍する一台へと昇華させるグラップルソーとは
  3. 安全対策は”KY朝礼”から! 異業種の常識を取り入れるマネジメント術
  4. 増加する山林の売買。 “森林探偵”の需要が高まる
  5. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号3/17発行!
  6. 過酷な林業現場をストップさせない! 作業者の負担を減らすエンジン冷却システムに注目
  7. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  8. 森林組合法改正案が閣議決定! 法案成立前にポイントを理解しよう
  9. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  10. 北陸最大級の屋内木育広場がオープン! 「木育の町」池田町で、森と木の魅力にふれる

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.03 | ¥0
2020/3/17発行

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら