注目キーワード

政策・マーケット

徳島県は森林や林道整備などに活用することを目的としたサステナビリティーボンド「徳島県SDGs債」を発行すると発表した。法人投資家向けに発行し、10年債で50億円を調達する。

徳島県がSDGs債で50億円調達! 森林・林道の整備に活用へ

地球温暖化を食い止めるためには、生き物にとっても重要な役割を持つ森林を保全し、その機能を維持させ続けることが不可欠。では、伐採をして木材を利用するのはやめた方がよいのだろうか?

地球温暖化から暮らしを守るために、木を使い、森を育てる【後編】再造林は逆効果なの?

地球温暖化は今なお進行している。地球温暖化からわたしたちの暮らしを守るため大切なのは、木を使い、そして森を育てること。改めて森林の役割を考えてみよう。

地球温暖化から暮らしを守るために、木を使い、森を育てる【前編】森林の役割とは?

今、燃料用材としての「木質チップ」の需要が急拡大している。木質チップの需給状況の動向はどうなっているのだろうか。日本木質バイオマスエネルギー協会の矢部氏に話を伺った。

燃料用材としての「木質チップ」の需要が急拡大! 木質チップの需給状況の動向は?

放置林=所有者不明土地の増加は、日本の山の重要な問題だ。2023年にようやく新たな制度が誕生し、「相続土地国庫帰属制度」が始まるが、これは機能していくのだろうか。森林ジャーナリスト・田中淳夫が考える希望の林業。

放置林の解決策? 『相続土地国庫帰属制度』は機能するか

森林管理に資金調達の悩みは尽きない。話題の森林環境譲与税とカーボン・クレジットに続く、新たな可能性が進展中? 2022年末に決まったばかりの新決議とは。森林ジャーナリスト・田中淳夫が考える林業の未来。

要注目「生物多様性クレジット」の減税可能性とは? 悩みの種・資金調達の新手法となるか

木材からなるバイオマス=木質バイオマスが注目されているが、その理由はどこにあるのだろうか。木質バイオマスを利用するメリットを、林野庁『木質バイオマスの利用推進について』を参考に紐解いてみる。

木質バイオマスが注目される「5つの理由」って?【後編】燃料自給率や災害、地域活性化に

木質バイオマスを利用するメリットはなんだろう? 林野庁『木質バイオマスの利用推進について』を参考に紐解いてみよう。これからの日本の林業の道筋を示すヒントがあるはず。

木質バイオマスが注目される「5つの理由」って?【前編】2050年脱炭素実現や間伐材活用

バイオマスエネルギーと言えば、まず浮かぶのは発電だ。しかし注目すべきは「中小規模の熱利用」だという。円安リスクや燃料の加工度など、森林ジャーナリスト田中淳夫が着目点を解説。連載コラム「希望の林業」。

バイオマス本気なら、注目すべきは「中小施設の熱利用」! 燃料調達・加工のメリットとは

「木質バイオマス」も今や、発電用だけでなく、化学産業や電機産業での実用化が進んでいる。さらに「カーボンニュートラル」実現に向けた法改正や取り組みも加速中。「森林・林業白書」で最新動向にキャッチアップ!

【最新動向】木質バイオマスが工業素材に変身した!? 建築物の木材利用拡大も加速中!

1 2 3 4 9

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 様々な工夫を凝らして森林の回復を目指す! 林業家の努力と取り組み
  2. KANEKO重機が林業展で薪割り機を発売! モデルチェンジでさらに使いやすく進化!?...
  3. 『きちんと応募がくる』林業専門の求人サイトRINDOがオープン! なぜ今、開設?...
  4. 京大発企業が開発! 林業現場で“気軽に使える”ドローン+AIの森林計測ソフトとは?...
  5. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  6. 【2023年版 大型チェンソー7選】メーカーに聞く「林業向け」機種、最適な1台は?...
  7. “伐らない林業”が目指すもの【後編】中川流、新しい林業の働き方とは?...
  8. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  9. 木を食べる&木で調理する! 「味覚」から考える木材活用法が続々誕生中...
  10. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.18|¥0
2023/12/22発行

お詫びと訂正

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら