注目キーワード

イノベーション

伐採残渣がジェット燃料に? アラスカ航空が持続可能な航空燃料を調達

世界中でカーボンニュートラルの達成に向けて動いている。そんな中、アメリカのアラスカ航空は、持続可能な航空燃料の調達に乗り出した。これは、伐採残渣を原料とする画期的な取組みだ。

カーボンニュートラルの達成へ
持続可能な航空燃料を調達

アメリカのアラスカ航空は、2040年までのカーボンニュートラルの達成を目指し、バイオジェット燃料メーカーのジーボと契約を締結。2026年から5年にわたって計1億8500ガロン(約7億リットル)のSAF(持続可能な航空燃料)を調達する計画だ。

この契約の締結に先立ち、2016年11月には、ワシントン大学やジーボらとの提携のもと、伐採残渣を原料とする再生可能代替ジェット燃料を世界で初めて商用機に採用した。

太平洋岸北西部の森林から排出された枝葉などの伐採残渣を用いて1,080ガロン(約4,910L)の代替ジェット燃料を製造。通常のジェット燃料にこの代替ジェット燃料を20%混合したものを使用し、シアトルからワシントンD.C.までの約3,750kmの試験飛行に成功している。



DATA

Alaska AIRLINES


文:松岡由希子

FOREST JOURNAL vol.15(2023年春号)より転載

関連記事

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 2024年スタートの“森林環境税”って? 意外と知らない“森林環境譲与税”との違いとは?...
  2. 林業での暑さ対策どうする! 2023年注目したいネッククーラー5選
  3. 【2023年版 大型チェンソー7選】メーカーに聞く「林業向け」機種、最適な1台は?...
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. プロ向け刈払機用ナイロンコード『テラマックス』がオレゴンから発売
  6. 木を食べる&木で調理する! 「味覚」から考える木材活用法が続々誕生中...
  7. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号 3/29発行!
  8. 「切れ味」を手軽に復活! 全国対応の「ソーチェーン目立てサービス」が始動...
  9. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...
  10. 「いつか事故が起きちゃう」と思いながら仕事していませんか?

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.19|¥0
2024/3/29発行

お詫びと訂正

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら