注目キーワード

イノベーション

異業種連携&地域展開を加速! 林業現場でイノベーションが求められるのはなぜ?

林業の特性を踏まえた新技術を活用し、生産性や安全性を飛躍的に向上させる「 林業イノベーション」。地域レベルでの導入支援や技術開発促進に向けた異業種連携が始動した今、改めて「林業の革新」を振り返る。

デジタルが恒常的な壁を打ち破る
安全性&生産性向上+労働力確保へ

森林調査、伐採、集材、造材、搬出、はい積み、検知、積み込み、運搬……。素材生産だけを見ても、イノベーションが期待される場面は多岐に渡る。さらに造林や育林を含めると、機械の自動化や遠隔操作化、デジタル化が待たれる分野は数多い。

建設や農業分野で先行する自動化や遠隔操作化などのイノベーション。一方、林業現場は傾斜や地面の凹凸、枝条や切り株といった難条件に加え、携帯電話圏外地域がほとんど。このため機械の自動化や遠隔操作化がときに「月面走行よりも難しい」も形容する人もいる。



今なぜ林業で
イノベーションが求められるの?

 

林業イノベーションで実現させていくこと


林野庁 研究指導課 技術開発推進室
安藤 暁子さん

 
「労働災害が多い林業現場における考え方のひとつにある『No foot on the Forest』。つまり、人が森林内に入って作業しなければ労働災害は減らせるという概念があります。それをイノベーションで実現させる。そしてもう一つ、就労人口の急激な減少と深刻な高齢化の中、将来誰が仕事を担うのか。国産材の需要が高まる中、林業の魅力を向上させ将来の担い手となる若者の就業を促すとともに、安全性や生産性を向上させるにはイノベーションが欠かせないと考えています」

 

林業イノベーション

記憶からデジタル記録の森林管理へ
・資源境界情報をデジタル化することで、人手と時間をかけることなく、森林管理・利用
・レーザー計測、ドローン、ICT機器を使用し、路綱を効率的に設備・管理


経験からICTによる生産管理へ
・経験則に頼る木材の生産管理にITを導入
・資源・境界の管理、生産計画策定、木材生産の進捗管理、事業の精算を効率的に運営


3K林業からの解放(生産)
・伐採~運搬作業を自動化することで、生産性をアップ
・人による作業を少なくし、労働災害の発生しやすい作業の根絶へ

3K林業からの解放(造林)
・一貫作業、低密植栽、ドローン活用等により、造林作業を省力・軽労化+コストも削減
・人力に頼る造林作業、特に夏場の過酷な下刈り作業からの解放


収穫周期 50⇒30年へ短縮
・林業の時間軸を変える
・早く育てて、早く収穫できる林業の実現
・エリートツリーなどの活用


丸太オンリーからの脱却
・従来の木材利用に加え、改質リグニンやCNF(セルロースファイバー)等の開発・普及によるより、新たな利用の促進
・「林業」の枠を超える産業・価値を創出するとともに、プラスチック代用製品として身近に利用




取材・文/渕上健太

FOREST JOURNAL vol.15(2023年春号)より転載

関連記事

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 2024年スタートの“森林環境税”って? 意外と知らない“森林環境譲与税”との違いとは?...
  2. 林業での暑さ対策どうする! 2023年注目したいネッククーラー5選
  3. 【2023年版 大型チェンソー7選】メーカーに聞く「林業向け」機種、最適な1台は?...
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. プロ向け刈払機用ナイロンコード『テラマックス』がオレゴンから発売
  6. 木を食べる&木で調理する! 「味覚」から考える木材活用法が続々誕生中...
  7. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号 3/29発行!
  8. 「切れ味」を手軽に復活! 全国対応の「ソーチェーン目立てサービス」が始動...
  9. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...
  10. 「いつか事故が起きちゃう」と思いながら仕事していませんか?

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.19|¥0
2024/3/29発行

お詫びと訂正

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら