「田中淳夫」の検索結果

前編では、観光花園としての「みちのくあじさい園」について紹介したが、それだけでは経営が続かない。実は第二幕があった。「プリザーブドフラワー」として活用することだ。フラワーアレンジメントなどでの需要が高く、地元農家に新たな雇用を生み出す結果となった。

林業から花園へ! スギ林に咲くアジサイが林業事業のリスク分散に

長期的なスパンで経営しなければならない林業事業。森林を利用した別のビジネスを展開し、短期利益を稼ぎだして本業を支えているケースも少なくない。今回はそのうちの1つ「みちのくあじさい園」について紹介する。(前編)

「みちのくあじさい園」の経営で名所となった林業事業

日本の林業が衰退している。その原因は森や木への興味が失われているからではないだろうか。そんな思いから始まった子供たちへの「木育」。遠回りかもしれないが、長期的な視点は欠かせない――。森林ジャーナリストの田中淳夫氏が「希望の林業」を語る連載コラム第2回。

森と木を身近に!子供への木育は林業振興の第一歩

地拵え、植林、下草刈り、除伐、間伐と続き、最後は主伐で、残った木を全部収穫し、山の木をなくしてしまう。このように一度森が消滅したあと、森らしくなるには最低でも10年以上かかり、その間に生態系が大きく変わってしまう。そんな問題点を多少とも和らげる方法として“保持林業”というものが提唱されている。(後編)

様々な工夫を凝らして森林の回復を目指す! 林業家の努力と取り組み

地拵え、植林、下草刈り、除伐、間伐と続き、最後は主伐で、残った木を全部収穫し、山の木をなくしてしまう。このように一度森が消滅したあと、森らしくなるには最低でも10年以上かかり、その間に生態系が大きく変わってしまう。そんな問題点を多少とも和らげる方法として「保持林業」というものが提唱されている。(前編)

主伐後の森林の生態系を守る! 欧米で提唱されている「保持林業」とは?(前編)

近年、林業界で注目を集めている「特殊伐採(アーボリカルチャー)」。見た目の派手さから注目されているが、“安全”に行うための技術として進んでいる。また、安全に木を伐る技術を身につけるだけではもったいなく、肝心なことがもう一つあるのだ。(後編)

林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは

近年、林業界で新たな動きとして広がっている「特殊伐採」。林業界の動きというより、林業従事者の中に挑戦する人が増えてきたというべきだろうか。これまで植林や草刈り、伐採などが中心の仕事だったが、新たな仕事とし始めたのだ。(前編)

林業の新潮流「特殊伐採(アーボリカルチャー)」とは? 日本で大注目の新技術に迫る

現在、日本の林業現場で進んでいる主伐。山の木は全部伐るわけだが、その後の再造林には、再び50年以上も木を育てられるのか、再造林しても利益が出ない可能性があるなど、様々な課題がある。それらの課題を解決する道はあるのか?(前編)

山から木がなくなる!? 早生樹植林の最前線を追う

ここ数年で世界的に広がった「化石燃料やプラスチックをなるべく使わない」という流れ。この時流に乗り、林業を成長産業として発展させていくには「パラダイム転換」が不可欠だ――。森林ジャーナリストの田中淳夫氏が「希望の林業」を語る連載コラム第1回。

【連載コラム】森林ジャーナリスト・田中淳夫氏が説く! 林業界に必要な「パラダイム転換」とは

アクセスランキング

  1. ソーチェーンとして世界一採用される理由とは? 随一の技術力で林業ギアを支える
  2. 「みちのくあじさい園」の経営で名所となった林業事業
  3. 減少を続ける”林家”の手取り。 本当に国が掲げるべき政策とは?
  4. 機能性はもちろん、デザイン性も抜群! 林業におすすめ製品3選
  5. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  6. 高効率&低コストで実現! 知っておきたい「木質バイオマス利活用」のはじめかた
  7. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新冬号12/13発行!
  8. 国や林野庁はどう進める? スマート林業推進の施策を直撃!
  9. 日本の森は“手遅れ”ではない! ドイツ式“気配り森林業”に学ぶ
  10. 山形県が森林の皆伐を容認!? 国内産木材需要に応えられないジレンマ

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2019/12/13発行

 


 


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら