注目キーワード

「チェンソー」の検索結果

1月、ブラント・ジャパン株式会社は、東日本初となるオレゴンブランドショップを神奈川県にオープンした。オレゴン製品を幅広くラインナップし、ソーチェーンはもちろんのこと、ガイドバー、スプロケット、アクセサリー、刈払機用品なども多数取り揃えている。今、注目の集まる店舗だ。

東日本初の『オレゴンショップ』誕生! 豊富なラインナップを一堂に集めた新店舗

日本製チェンソーに、ほぼ100%標準装備されているソーチェーンはアメリカンブランドだった!ここでは、そんなアメリカ発の世界的ブランドOREGON(オレゴン)を紹介しよう。

ソーチェーンとして世界一採用される理由とは? 随一の技術力で林業ギアを支える

STIHLが、電子制御フューエルインジェクションチェンソー『MS 500i』の発売を記念し、フォレストリーフェスティバルを開催。栃木でのイベントの模様をレポートする。

ティンバースポーツの圧巻のデモも! STIHLが『MS 500i』発売記念イベントを開催

10月1日に発売された、STIHLの最新チェンソー『MS 500i』。インジェクションの搭載が話題だが、使い心地が気になる方も多いはず。そこで今回、チェンソーマンとして知られる今井陽樹さんに実際に試してもらい、リアルな使用感を聞いてみた。

伐木も枝払いもコレ1台でOK!? ウワサのSTIHL最新チェンソー『MS 500i』を使ってみた

株式会社スチールが、2019年10月1日より、チェンソーの新モデル『MS 500i / MS 500i W』の販売を開始する。インジェクションを搭載したことで、操作性やパワーにどんな強みが生まれたのだろうか?

【世界初】驚異的な加速力を持つ「インジェクション搭載チェンソー」が登場!

バッテリー式製品の永遠の課題である「パワー不足」を克服し、バッテリー式でありながらエンジン式並みのパワーを確保。そんなエンジン式とバッテリー式のいいとこ取りをした、手軽・軽量・パワフルなバッテリー式チェンソーを紹介する。

エンジン式に劣らぬパワーのバッテリー式チェンソーがマキタから登場!

ハスクバーナから2019年3月に新発売した高性能チェンソーは、パワーとパフォーマンスの高さが決め手だ。

プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場

伐採などの作業効率を高めるために、コストパフォーマンスにすぐれたパートナーを選びたい。そこでおすすめしたいのが、世界シェアNo.1を誇るSTIHLの新型チェンソーだ。

70ccクラス最軽量! 「プロ林業者が相棒に選ぶ」人気のチェンソーはコレだ!

1 2

特集企画

アクセスランキング

  1. 効果抜群! 《植物活性材》《獣害対策資材》で苗を大きく育てる! 再造林低コスト化にも...
  2. 疾走! MTBパーク「ミリペタ」がついにオープン。桜吹雪舞うコースの完成秘話とは?...
  3. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  4. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  5. 改めて問い直す、DX林業先進国フィンランド【前編】なぜ日本はモデルにしてきたのか?...
  6. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  7. 【座談会】檜原村移住組の共同代表に聞いた! “山のシェア”の森林活用のヒケツとは?...
  8. 不整地もお任せあれ! 安全な伐採を実現する【高所作業車】その3つの理由とは?...
  9. 山主が繋がる、日本一周MTBトレイル完成への夢!【後編】次世代に継ぎたい山林の価値...
  10. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.12|¥0
2022/6/30発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら