注目キーワード

機械・ツール

【2023年春最新版】軽量だけじゃない! ツリーケアにも最適・小型チェンソー3選

林業メーカーオススメのチェンソーをご紹介。なかでも、バーサイズが20~25cmの小型クラスをピックアップする。長時間の使用でも疲れが出にくい、軽量なところがポイントだ。

充電式最速のチェーンスピード!
軽量ながら連続重負荷作業に対応

カービングバー仕様かつ最適重心バランス&軽い取り回しにより、高い操作性をもつ。エンジン式30mLクラスと同等の充電式最速のチェーンスピード(24.8m/秒※)を誇り、太径の切断から枝打ち・高所作業等、軽快に切断可能。軽量ながら連続重負荷作業に対応する頼もしい一台。

※マキタ充電式チェンソーにおいて、2021年10月現在、マキタ社調べ

DATA

●商品名:MUC008GDR5
●価格:114,840円(税込)※バッテリーBL4025×2本・充電器DC40RA付
●動力源:バッテリー式
●電源:直流36V(40Vmax)
●バーサイズ:25cm
●本体重量:3.6kg(2.5Ahバッテリー、チェン、バーを含む)

問/マキタ



燃費削減や排出ガスの低減を実現
使い手にも環境にもやさしい

STIHLエンジンチェンソーの中で最軽量!燃費削減や排出ガスの低減を実現しながら、広い回転域で高トルクを発揮する2-MIXエンジンを採用している。使い手にも環境にもやさしいトップハンドルチェンソー。

DATA

●商品名:MS 151 TC-E
●価格:25cm 61,600円/30cm 62,700円(税込)
●動力源:エンジン式
●排気量:23.6㎤
●バーサイズ:25/30cm
●本体重量:2.6kg(燃料、バー、チェンを含まない)

問/STIHL

徹底的に軽量化を図った一台
手首の負担が軽減

樹上で軽快に枝払い作業を!徹底的に軽量化を図った一台。手首を頻繁に動かす作業に対応した大後傾リアハンドルで手首の負担が軽減できる設計に。長時間握っていても疲れにくい仕様で作業効率も上がること間違いなし。慣性式チェンブレーキ標準搭載でキックバック事故低減へ。

DATA

●商品名: shindaiwa トップハンドルソーE2125TS/250SPS
●価格:77,000円(税込)
●動力源:エンジン式
●排気量:25.0㎤
●バーサイズ:25cm
●本体重量:2.3kg(燃料、バー、チェンを含まない)

問/やまびこ




FOREST JOURNAL vol.15(2023年春号)より転載

関連記事

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 2024年スタートの“森林環境税”って? 意外と知らない“森林環境譲与税”との違いとは?...
  2. 林業での暑さ対策どうする! 2023年注目したいネッククーラー5選
  3. 【2023年版 大型チェンソー7選】メーカーに聞く「林業向け」機種、最適な1台は?...
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. プロ向け刈払機用ナイロンコード『テラマックス』がオレゴンから発売
  6. 木を食べる&木で調理する! 「味覚」から考える木材活用法が続々誕生中...
  7. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号 3/29発行!
  8. 「切れ味」を手軽に復活! 全国対応の「ソーチェーン目立てサービス」が始動...
  9. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...
  10. 「いつか事故が起きちゃう」と思いながら仕事していませんか?

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.19|¥0
2024/3/29発行

お詫びと訂正

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら