注目キーワード

「チェンソー」の検索結果

林業従事者にとって“相棒”と呼ぶべき存在がチェンソーだ。作業に適したチェンソーを使うことで、作業は効率的になる。あらゆる林業従事者を満足させるチェンソーとは、どのようなものなのだろうか。

メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方

近年、小排気量モデルとバッテリー式モデルの高性能化が進み需要が増えている。ここでは、その「新たなパワー」に最適化されたオレゴンの新しいカッティングシステムを紹介しよう。

トップハンドルに.325″を装着! オレゴンのスピードカットナノの実力に迫る

「目立てには技術が必要だ」「目立ては時間がかかって大変」……そんな常識を覆す目立て専用機が日本に上陸。ハーベスターチェーンにも対応する『オートグラインダー』だ。

手間のかかる“あの作業”が、たった5分で完了!? 革命的な「目立て専用機」がついに日本上陸

林業に欠かせないチェ―ンソー。アメリカ生まれのブランド、OREGONの「切る」を極めて耐久性が増した、新発売のチェーンをご紹介。

「切る」を極めて耐久性アップ! アメリカン・チェーンが新発売

1月、ブラント・ジャパン株式会社は、東日本初となるオレゴンブランドショップを神奈川県にオープンした。オレゴン製品を幅広くラインナップし、ソーチェーンはもちろんのこと、ガイドバー、スプロケット、アクセサリー、刈払機用品なども多数取り揃えている。今、注目の集まる店舗だ。

東日本初の『オレゴンショップ』誕生! 豊富なラインナップを一堂に集めた新店舗

日本製チェンソーに、ほぼ100%標準装備されているソーチェーンはアメリカンブランドだった!ここでは、そんなアメリカ発の世界的ブランドOREGON(オレゴン)を紹介しよう。

ソーチェーンとして世界一採用される理由とは? 随一の技術力で林業ギアを支える

世界初のインジェクション搭載チェンソー『MS 500i』を生み出したSTIHL。それは高性能化を追求した結果ではなく「持続可能な林業に寄与する」という、STIHLの想いだった。

STIHLプロダクトマネジャーに訊く! “持続可能な林業”をかなえる製品開発への想い

STIHLが、電子制御フューエルインジェクションチェンソー『MS 500i』の発売を記念し、フォレストリーフェスティバルを開催。栃木でのイベントの模様をレポートする。

ティンバースポーツの圧巻のデモも! STIHLが『MS 500i』発売記念イベントを開催

10月1日に発売された、STIHLの最新チェンソー『MS 500i』。インジェクションの搭載が話題だが、使い心地が気になる方も多いはず。そこで今回、チェンソーマンとして知られる今井陽樹さんに実際に試してもらい、リアルな使用感を聞いてみた。

伐木も枝払いもコレ1台でOK!? ウワサのSTIHL最新チェンソー『MS 500i』を使ってみた

株式会社スチールが、2019年10月1日より、チェンソーの新モデル『MS 500i / MS 500i W』の販売を開始する。インジェクションを搭載したことで、操作性やパワーにどんな強みが生まれたのだろうか?

【世界初】驚異的な加速力を持つ「インジェクション搭載チェンソー」が登場!

1 2

特集企画

アクセスランキング

  1. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  2. 山を維持するための働きかたとは? 林業と副業のバランスを考える
  3. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  4. 地域材を地元の匠が仕上げる! 5つの樹種を用いた「純国産スツール」で森林の活性化へ
  5. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】
  6. 安全と効率の両立を実現! 作業を支える林業機械のイマとミライ
  7. 低コスト化を実現するキーアイテム! 運搬ドローンの省力化は笑顔も届ける!?
  8. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  9. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  10. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.05 / ¥0
2020年9月15日発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら