「チェンソー」の検索結果

林業に欠かせないチェ―ンソー。アメリカ生まれのブランド、OREGONの「切る」を極めて耐久性が増した、新発売のチェーンをご紹介。

「切る」を極めて耐久性アップ! アメリカン・チェーンが新発売

1月、ブラント・ジャパン株式会社は、東日本初となるオレゴンブランドショップを神奈川県にオープンした。オレゴン製品を幅広くラインナップし、ソーチェーンはもちろんのこと、ガイドバー、スプロケット、アクセサリー、刈払機用品なども多数取り揃えている。今、注目の集まる店舗だ。

東日本初の『オレゴンショップ』誕生! 豊富なラインナップを一堂に集めた新店舗

日本製チェンソーに、ほぼ100%標準装備されているソーチェーンはアメリカンブランドだった!ここでは、そんなアメリカ発の世界的ブランドOREGON(オレゴン)を紹介しよう。

ソーチェーンとして世界一採用される理由とは? 随一の技術力で林業ギアを支える

世界初のインジェクション搭載チェンソー『MS 500i』を生み出したSTIHL。それは高性能化を追求した結果ではなく「持続可能な林業に寄与する」という、STIHLの想いだった。

STIHLプロダクトマネジャーに訊く! “持続可能な林業”をかなえる製品開発への想い

STIHLが、電子制御フューエルインジェクションチェンソー『MS 500i』の発売を記念し、フォレストリーフェスティバルを開催。栃木でのイベントの模様をレポートする。

ティンバースポーツの圧巻のデモも! STIHLが『MS 500i』発売記念イベントを開催

10月1日に発売された、STIHLの最新チェンソー『MS 500i』。インジェクションの搭載が話題だが、使い心地が気になる方も多いはず。そこで今回、チェンソーマンとして知られる今井陽樹さんに実際に試してもらい、リアルな使用感を聞いてみた。

伐木も枝払いもコレ1台でOK!? ウワサのSTIHL最新チェンソー『MS 500i』を使ってみた

株式会社スチールが、2019年10月1日より、チェンソーの新モデル『MS 500i / MS 500i W』の販売を開始する。インジェクションを搭載したことで、操作性やパワーにどんな強みが生まれたのだろうか?

【世界初】驚異的な加速力を持つ「インジェクション搭載チェンソー」が登場!

バッテリー式製品の永遠の課題である「パワー不足」を克服し、バッテリー式でありながらエンジン式並みのパワーを確保。そんなエンジン式とバッテリー式のいいとこ取りをした、手軽・軽量・パワフルなバッテリー式チェンソーを紹介する。

エンジン式に劣らぬパワーのバッテリー式チェンソーがマキタから登場!

ハスクバーナから2019年3月に新発売した高性能チェンソーは、パワーとパフォーマンスの高さが決め手だ。

プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場

伐採などの作業効率を高めるために、コストパフォーマンスにすぐれたパートナーを選びたい。そこでおすすめしたいのが、世界シェアNo.1を誇るSTIHLの新型チェンソーだ。

70ccクラス最軽量! 「プロ林業者が相棒に選ぶ」人気のチェンソーはコレだ!

アクセスランキング

  1. 安全対策は”KY朝礼”から! 異業種の常識を取り入れるマネジメント術
  2. 小回りが効いて使いやすい! 狭い道でも活躍する一台へと昇華させるグラップルソーとは
  3. 増加する山林の売買。 “森林探偵”の需要が高まる
  4. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号3/17発行!
  5. 林業現場の緊急時にも大活躍! 圏外エリアでもチャット通信できる“ジオチャット”とは
  6. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  7. 森林組合法改正案が閣議決定! 法案成立前にポイントを理解しよう
  8. 過酷な林業現場をストップさせない! 作業者の負担を減らすエンジン冷却システムに注目
  9. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  10. 北陸最大級の屋内木育広場がオープン! 「木育の町」池田町で、森と木の魅力にふれる

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.03 | ¥0
2020/3/17発行

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら