注目キーワード

「ICT」の検索結果

阿武隈高地の一角に位置する宮城県最南端の丸森町。町の林業をけん引する丸森町森林組合は、スマート林業推進に向けたICT機器とアプリをフルパッケージで導入。一気に効率化したことで“革命”が起きたという。

『測量が変わりました』林業の作業効率&信頼性アップをアシストするソフトとは?

「スマート林業」導入の課題とは? 実は、ICT化の課題は、ICTそのものの課題じゃないところにあるという。意図的に目指すべき改革をアドバイスする、経営支援のプロ・楢崎達也の連載コラム「次世代林業Lab」。

「あの作業、無駄だったんだ〜!」と気づく瞬間ある? スマート林業で職場を進化させよう

世界の森林経営トレンドをお伝えするWORLD TOPICS。森林火災に見舞われたカナダは、ドローンを活用した自動植樹ソリューションを開発した。森林火災からの早期復興に期待が膨らむ。

ドローンによる自動植樹が森林火災の被災地を救う! カナダ発の10倍早い植樹とは?

技術の実証や普及が地域へさらに波及していく日本の林業イノベーション。「朝、現場に来たら伐倒木が土場にはい積みされ、下刈りが終わっている」。そんな時代の到来は、そう遠くないのかもしれない。

「できない」とは言わせない! 林業の課題解決のプラットフォーム「森ハブ」とは?

林業に立ちはだかっているのは、通信が繋がらないということ。自動化や遠隔操作化しようと思っても、実現できないのが現状だ。それを打ち破るためにはどうしたらよいのか。

林業に立ちはだかる圏外の壁を打ち破れ! 通信の課題解決に向けた3つの取り組みとは?

林業現場への新技術の導入を加速化するため、「林業イノベーション現場実装推進プログラム」を策定。イノベーションによる林業の将来像と技術開発の現状や課題を整理した。プログラムの実現のための開発や実証とは?

林業現場へ新技術を導入! NTTドコモ・通信システム活用の遠隔操作式作業機械とは?

最新技術が、森を、地球を救う時代。森林火災の発生リスクが高いアメリカでは、AIと超高解像度カメラで森林火災を早期に検知できる技術が開発された。

アメリカ発! 森林火災をリアルタイムで検知!? AIと超高解像度カメラで森林を守る

加速化する林業のICT化は素材生産で活躍するハーベスタにも広がっている。北海道内の産官学が取り組む「スマート林業EZOモデル構築協議会」に参画する住友建機に、次世代型ICTハーベスタについて聞いた。

生産・流通の効率化と木材の販売額アップへ! ICTハーベスタの可能性とは?

チェンソーは機能の進化が続き、近年のモデルは安全性も高まっている。その最先端が『スマートチェンソー』。“つながる”ことで新たな機能を追加し、ユーザー・販売店・メーカーに貢献する新しいチェンソーだ。

【チェンソーの安全対策】”つながる”ことで費用削減も実現!

3次元森林計測装置『OWL』は、サービス開始から7年目を迎え、導入事例は150台を越えた。その『OWL』とAIスマートグラスを組み合わせた新サービスが1月末にリリースされる。

スマートグラス越しに森林資源データを確認!『OWL-ARナビゲーションシステム』が販売開始

1 2 3

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号 3/29発行!
  2. KANEKO重機が林業展で薪割り機を発売! モデルチェンジでさらに使いやすく進化!?...
  3. 【2023年版 大型チェンソー7選】メーカーに聞く「林業向け」機種、最適な1台は?...
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. 林業に役立つ人気アイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は2024/6/23まで!...
  6. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  7. 【2024年最新】データで見る林業の労働災害の現状
  8. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  9. 木を食べる&木で調理する! 「味覚」から考える木材活用法が続々誕生中...
  10. 『きちんと応募がくる』林業専門の求人サイトRINDOがオープン! なぜ今、開設?...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.19|¥0
2024/3/29発行

お詫びと訂正

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら