注目キーワード

「ICT」の検索結果

農業の薬剤散布や防災現場などで活躍する、ヤマハ発動機の無人産業ヘリコプター「FAZER R G2」。今年3月の実証実験では、静岡県掛川市の山中で1.5トンの獣害対策用の資材を運搬するミッションに成功した。今後の林業界での活躍も期待されている。

無人ヘリが未来の林業を救う!? 谷底や傾斜地への資材運搬で、現場の安全性や省力化を確保

オフラインでも便利に活用できる、林業向け情報共有アプリが続々と登場。コミュニケーションの効率化で業務改善、安全化などを目指す。現場のフィードバックを参考に、日々機能改善につとめるアプリ2種類を紹介する。

山林での報告業務をスムーズに! オフラインでも活躍する情報共有アプリ

各国の次世代林業トピックを見れば、新しい林業の可能性が見つかる? ロシアで開発された、森林管理や森林資源のモニタリングを効率化できるツールを紹介しよう。

森林管理の見える化に貢献! 優占樹種を自動で特定するニューラルネットワーク

気候によっては過酷な環境での作業もある林業現場。その作業をスマートにしてくれるアイテムを取り入れてみるのはどうだろうか。高性能スマートウォッチから高耐久スマホまで、タフ&ハイテクなアイテムを5つ紹介する。

現場作業をスマートに! 林業で活躍するタフでハイテクなウォッチ&スマホ5選

農業分野などで豊富な実績を誇るヤマハ発動機が、産業用無人ヘリコプターを活用した森林計測サービスをスタート。森林の見える化によって一体どんなメリットがあるのだろうか。今回は、自治体・事業体にとっての魅力をそれぞれ紹介する。

地域課題解決&稼げる林業実現へ! 無人ヘリを使用した森林計測の“新スタンダード”

森林組合導入率No.1の測量システム「ARUQ」をはじめとして、20年以上に渡って森林関連のソフトウェアを開発してきた株式会社ジツタ。そのノウハウを生かしながら、さらなる進化を遂げた同社の最新製品の魅力に迫る。

こだわりぬいた「使いやすさ」でスマート林業を支える! 進化を遂げた最新ICTシステム3選

電子国家、エストニア発の素材検知アプリ「Timbeter」。世界中で二万人を超えるユーザーが利用する、まさに世界水準のアプリケーションだ。その魅力はどこにあるのか。詳しく紐解いていこう。

進化が止まらない! 世界が認めた検知アプリ「Timbeter」

素材検知アプリ「iFovea Pro」は、はい積みされた丸太をスマホで撮影するだけで、丸太の本数・直径・材積が計測できる優れモノ。林野庁のレポートを基に、その実力を分析する。

検知の効率が劇的に向上! 検知アプリ「iFovea Pro」の性能とは

特集企画

アクセスランキング

  1. 家庭や職場で育てた苗木が森をつくる! 新しい形の「森林保全」が誕生
  2. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  3. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  4. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  5. フリーマガジン「フォレストジャーナル」2021年秋号 9/17発行!
  6. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  7. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  8. 日本の悪路に強い! 今後の林業に欠かせないコンラート社タワーヤーダーが国内初上陸...
  9. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...
  10. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.09|¥0
2021/9/17発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら