注目キーワード

イノベーション

緩衝材や断熱材にも使える! 再生可能で自然に優しいバイオマス発泡材の魅力とは?

森林火災モニタリングからバイオ素材開発までAI技術が光る林業のいま。各国の次世代林業トピックから新しい林業の可能性が見えてくる? 今回はフィンランドの事例を紹介する。

緩衝材や断熱材に活用できる
丈夫で軽いバイオ由来の素材

北欧フィンランド・アールト大学の研究チームは木材由来の発泡材を開発した。人工知能(AI)を用いて最適な原料の組み合わせや工程を特定。木部繊維、高等植物の木化に関与する高分子のフェノール性化合物「リグニン」、天然の無機鉱物源からなる合成層状シリケート「ラポナイト」を混合すると、丈夫で、断熱性があり、軽量な発泡材が生成できることを突き止めた。

この発泡材は、木材の特徴を備えており、既存の発泡スチロールやエアパッキンを代替する再生可能な生分解性緩衝材として活用できるほか、耐湿性と耐火性を備えることで、建物用断熱材としても利用できる。今後は、政府機関「ビジネスフィンランド」の助成を受け、この新素材の実用化をすすめていく方針だ。




文:松岡由希子

FOREST JOURNAL vol.8(2021年夏号)より転載

関連記事

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 林業での暑さ対策どうする! 2023年注目したいネッククーラー5選
  2. 【新製品】新次元のバッテリーチェンソー「MSA 300 C-O」8月1日 日本新発売
  3. プロ向け刈払機用ナイロンコード『テラマックス』がオレゴンから発売
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. 【2023年版 大型チェンソー7選】メーカーに聞く「林業向け」機種、最適な1台は?...
  6. 木を食べる&木で調理する! 「味覚」から考える木材活用法が続々誕生中...
  7. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新夏号 6/28発行!
  8. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...
  9. 燃料用材としての「木質チップ」の需要が急拡大! 木質チップの需給状況の動向は?...
  10. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.20|¥0
2024/6/28発行

お詫びと訂正

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら