注目キーワード

イノベーション

【サステナブルな新電池】フィンランドで開発! 木質由来の新材料に巨額投資、量産へ

フィンランドでの大手製紙会社が、スウェーデンのリチウムイオン電池製造会社とタッグを組んで、新しいサステナブルな電池を開発した。環境に配慮して木を使う海外の次世代林業から、新しい可能性が見えてくる!?

植物の細胞壁から
サステナブルな電池を開発

フィンランドの製紙大手ストラエンソ社は2022年7月、リチウムイオン電池を開発・製造するスウェーデンのノースボルト社と共同で、植物の細胞壁に含まれる高分子物質「リグニン」を用いたサステナブルな電池を開発することを発表した。

両社の強みを活かし、ストラエンソ社がアノード(負極)材料となるリグニン由来のハードカーボン「リグノード」を供給する一方、ノースボルト社は電池の設計や生産工程の開発などを担う計画だ。

フィンランド南部にあるストラエンソ社のスニラ工場では2015年からリグニンの量産を開始。その年間生産能力は世界最大の5万tにのぼる。

2021年7月には1000万ユーロ(約13億6000万円)を投資し、「リグノード」の試験生産にも着手している。

 
ストラエンソ社HPはこちら

©Stora Enso Oyj


文:松岡由希子



関連記事

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 林業作業のオールラウンダー!? 日本のニーズに合う、高効率でパワフルな最新機械4選!...
  2. ふと思う。『林業って雨の日はどうするの…? 休み?』林業3年生が綴る林業の日常...
  3. 『断然これが良いです』愛される、小型作業車の代名詞! 信頼される、その理由とは?...
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. 「不採算森林、1ha=1万円で買い取ります」森も人材も育てる『青葉組』が目指すのは?...
  6. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  7. 2024年スタートの“森林環境税”って? 意外と知らない“森林環境譲与税”との違いとは?...
  8. 【成功例】長く乗れる新車導入で生産量UP! 安全な職場&丁寧な仕事でも、業績向上を...
  9. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  10. 伐倒から伐採まで! ロングリーチ&最先端ヘッドが緻密な作業を実現。圧巻の信頼マシン...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.13|¥0
2022/9/30発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら