注目キーワード

イノベーション

針葉樹が包装材に⁉︎ 木材由来の再生可能なプラスチック「ウッドリー」とは

各国の次世代林業トピックから、新しい林業の可能性が見えてくる? フィンランドでは針葉樹でできた再生可能なプラスチックが開発された。将来的にはバイオ素材100%を目指しているという。

フィンランド発
再生可能なプラスチック

ウッドリーとは、フィンランドで2011年から開発されている木材由来の再生可能プラスチックだ。FSC(森林管理協議会)の認証を受けた森林で生産された針葉樹のセルロースをベースとし、化石資源由来の原料と組み合わせることで、従来のプラスチックと同様、食品や花などの包装材として利用でき、使用後は既存のリサイクル設備で再生できる。

これまでにウィパックなどの大手包装資材メーカーが提携しているほか、フィンランドの小売チェーン大手ケスコでも鉢植えの包装材として試験的に採用された。現時点では、原材料におけるバイオ素材の割合が40~60%にとどまっているが、さらなる研究開発によりバイオ素材100%を目指している。

©Woodly Oy




文:松岡由希子

FOREST JOURNAL vol.4(2020年夏号)より転載

関連記事

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号 3/29発行!
  2. KANEKO重機が林業展で薪割り機を発売! モデルチェンジでさらに使いやすく進化!?...
  3. 【2023年版 大型チェンソー7選】メーカーに聞く「林業向け」機種、最適な1台は?...
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. 林業に役立つ人気アイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は2024/6/23まで!...
  6. 【2024年最新】データで見る林業の労働災害の現状
  7. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  8. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  9. 木を食べる&木で調理する! 「味覚」から考える木材活用法が続々誕生中...
  10. 『きちんと応募がくる』林業専門の求人サイトRINDOがオープン! なぜ今、開設?...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.19|¥0
2024/3/29発行

お詫びと訂正

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら