注目キーワード

イノベーション

宇宙から「地球全体の森林バイオマスをマップ化」する!? 観測衛星、打ち上げ間近!

欧州宇宙機関(ESA)は、衛星リモートセンシングによる地球全体の森林バイオマスを観測するプロジェクトを進めている。初めてのレーダーも搭載するヨーロッパ最新の人工衛星。その目的や計画とは一体?

メイン画像:仏トゥールーズの試験場に搬入された、人工衛星に搭載されるアンテナ。

ヨーロッパ発プロジェクト
2024年に打ち上げ予定

欧州宇宙機関(ESA)では、地球観測衛星ミッション『バイオマス』の計画をすすめている。森林バイオマスの分布や動態を定量的に把握し、炭素循環における森林の役割の解明に役立てるのが目的だ。


仏トゥールーズの試験場に搬入された人工衛星。

重さ1250kgの人工衛星には従来のマイクロ波レーダーよりも波長が長いPバンドの合成開口レーダー(SAR)を初めて搭載。高度666km地点からレーダーが森林の樹冠を貫いて森林の高さや森林バイオマスを精緻に観測し、地球全体の森林バイオマスをマップ化する。

欧州航空宇宙大手エアバスの子会社が製造した人工衛星は2022年11月にフランス・トゥールーズの実験場へ搬入され、環境試験が行われている。いよいよ2024年にはフランス領ギアナのギアナ宇宙センターから打ち上げられる予定だ。

ESAのHPはこちら


文:松岡由希子



関連記事

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 様々な工夫を凝らして森林の回復を目指す! 林業家の努力と取り組み
  2. KANEKO重機が林業展で薪割り機を発売! モデルチェンジでさらに使いやすく進化!?...
  3. 京大発企業が開発! 林業現場で“気軽に使える”ドローン+AIの森林計測ソフトとは?...
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. 【2023年版 大型チェンソー7選】メーカーに聞く「林業向け」機種、最適な1台は?...
  6. “山の価値をはかります” OWL+ソフトでJ-クレ創出申請がスムーズに!
  7. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  8. “伐らない林業”が目指すもの【後編】中川流、新しい林業の働き方とは?...
  9. 『きちんと応募がくる』林業専門の求人サイトRINDOがオープン! なぜ今、開設?...
  10. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.18|¥0
2023/12/22発行

お詫びと訂正

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら