機械・ツール

森林もAIが画像解析!? 林業の生産性向上・効率化できる最新技術とは

サステナブルな森林経営は、SDGsでも示される世界共通の課題。世界ではどのような技術が開発されているのだろうか。今回は、人工知能(AI)と衛星画像、コンピューティング技術を活用したポルトガルの技術を紹介。

森林の
可視化ソリューション

ポルトガルのスタートアップ企業「20ツリー・エーアイ」は、人工知能(AI)と衛星画像、コンピューティング技術を活用し、森林の状態を精緻に可視化するソリューションの開発に取り組んでいる。

このソリューションは、深層学習アルゴリズムが衛星画像をもとに森林の状態を解析し、樹木の種類や高さ、胸高直径などを明らかにするほか、成長予測や収穫分析などを行う仕組み。

森林所有者や木材生産者は、林業地の森林資源にまつわる情報を遠隔から得られ、木材生産の効率化に役立てることができる。また、自然災害に伴う森林被害や違法伐採などの早期発見にもつながることから、各地域の森林を監視する行政機関などでもニーズが見込まれている。

©20tree.ai Forest Intelligence Platform – powered by MapIdea


文/松岡由希子

FOREST JOURNAL vol.2(2019-20年冬号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 林業現場の緊急時にも大活躍! 圏外エリアでもチャット通信できる“ジオチャット”とは
  2. 小回りが効いて使いやすい! 狭い道でも活躍する一台へと昇華させるグラップルソーとは
  3. 安全対策は”KY朝礼”から! 異業種の常識を取り入れるマネジメント術
  4. 増加する山林の売買。 “森林探偵”の需要が高まる
  5. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号3/17発行!
  6. 過酷な林業現場をストップさせない! 作業者の負担を減らすエンジン冷却システムに注目
  7. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  8. 森林組合法改正案が閣議決定! 法案成立前にポイントを理解しよう
  9. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  10. 北陸最大級の屋内木育広場がオープン! 「木育の町」池田町で、森と木の魅力にふれる

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.03 | ¥0
2020/3/17発行

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら