機械・ツール

森林もAIが画像解析!? 林業の生産性向上・効率化できる最新技術とは

サステナブルな森林経営は、SDGsでも示される世界共通の課題。世界ではどのような技術が開発されているのだろうか。今回は、人工知能(AI)と衛星画像、コンピューティング技術を活用したポルトガルの技術を紹介。

森林の
可視化ソリューション

ポルトガルのスタートアップ企業「20ツリー・エーアイ」は、人工知能(AI)と衛星画像、コンピューティング技術を活用し、森林の状態を精緻に可視化するソリューションの開発に取り組んでいる。

このソリューションは、深層学習アルゴリズムが衛星画像をもとに森林の状態を解析し、樹木の種類や高さ、胸高直径などを明らかにするほか、成長予測や収穫分析などを行う仕組み。

森林所有者や木材生産者は、林業地の森林資源にまつわる情報を遠隔から得られ、木材生産の効率化に役立てることができる。また、自然災害に伴う森林被害や違法伐採などの早期発見にもつながることから、各地域の森林を監視する行政機関などでもニーズが見込まれている。

©20tree.ai Forest Intelligence Platform – powered by MapIdea


文/松岡由希子

FOREST JOURNAL vol.2(2019-20年冬号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 木1本1本の管理がアプリで可能になる!? 西粟倉村で実証がスタート
  2. 林業事業者もサラリーマンも同じ!? 組織で働く意識を持つことの重要性
  3. 伐木も枝払いもコレ1台でOK!? ウワサのSTIHL最新チェンソー『MS 500i』を使ってみた
  4. 日本に本格的に上陸! ドイツ生まれのDISTELのクライミングスパイク
  5. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  6. 植林も下刈り作業もラクラク!? 人に寄り添う「ロボット」が林業を変える
  7. 日本の「里山」と英国の「コピス」、原点に立ち返り森を生かす
  8. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  9. 2020年は北海道で開催! 国内最大級の林業機械実演会が出展社を募集中!
  10. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新冬号12/13発行!

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2019/12/13発行

 


 


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら