注目キーワード

イノベーション

ブラジル企業が開発! IoTとAIを活用した森林モニタリングシステムがスゴい

ブラジルのスタートアップ企業が、先端技術を使った森林モニタリングシステムを開発。すでに海外の一部林業地帯では、このシステムが導入されている。

樹高や胸高直径を計測し、
森林資源の状況を解析!

ブラジルのスタートアップ企業「ツリーヴィア」によって開発された『スマートフォレスト』は、IoT(モノのインターネット)と人工知能(AI)を活用した、森林向け遠隔モニタリングシステムだ。


Treevia Forest Technologies

サンプルとなる樹木に専用無線センサーを装着し、その樹高や胸高直径などを定期的に計測。測定データはクラウドサーバーに集約され、衛星データ、気象データ、地理データなどと統合したうえで、機械学習(ML)アルゴリズムが林業地ごとの森林資源の状況を解析する仕組みだ。

『スマートフォレスト』にはタブレット端末などを介してどこからでもリアルタイムでアクセスでき、樹木の成長レベルや健康状態など、森林資源の状況をいつでもリアルタイムでモニタリングできる。

これまでに、ブラジルのマホガニー林やチーク林などでこのシステムが導入されている。


Treevia Forest Technologies

 

DATA

Treevia Forest Technologies


TEXT:Yukiko Matsuoka

関連記事

アクセスランキング

  1. “木を飲む ”ことで森をもっと身近に! 木の幹からつくるお茶「konoki」とは
  2. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  3. 下刈り作業の人手不足を解消! ミニ油圧ショベルに装着できる草刈りアタッチメント
  4. ベースマシン選定は安全装備に着目を! 高性能林業機械『SH135X』で安全性向上へ
  5. 林業者は下刈り作業から解放されるのか? 最新の研究動向から下刈りの自動化に迫る
  6. 〈受付中!〉林業に役立つ人気アイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は9/16まで!
  7. 効率と安全性を追求! 2019年注目の「最新林業マシン」3選
  8. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  9. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  10. 中速回転でもパワフルな下刈りを実現! 山林用エンジンを搭載した耐久性抜群な刈払機

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.04 / ¥0

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら