イノベーション

ブラジル企業が開発! IoTとAIを活用した森林モニタリングシステムがスゴい

ブラジルのスタートアップ企業が、先端技術を使った森林モニタリングシステムを開発。すでに海外の一部林業地帯では、このシステムが導入されている。

樹高や胸高直径を計測し、
森林資源の状況を解析!

ブラジルのスタートアップ企業「ツリーヴィア」によって開発された『スマートフォレスト』は、IoT(モノのインターネット)と人工知能(AI)を活用した、森林向け遠隔モニタリングシステムだ。


Treevia Forest Technologies

サンプルとなる樹木に専用無線センサーを装着し、その樹高や胸高直径などを定期的に計測。測定データはクラウドサーバーに集約され、衛星データ、気象データ、地理データなどと統合したうえで、機械学習(ML)アルゴリズムが林業地ごとの森林資源の状況を解析する仕組みだ。

『スマートフォレスト』にはタブレット端末などを介してどこからでもリアルタイムでアクセスでき、樹木の成長レベルや健康状態など、森林資源の状況をいつでもリアルタイムでモニタリングできる。

これまでに、ブラジルのマホガニー林やチーク林などでこのシステムが導入されている。


Treevia Forest Technologies

 

DATA

Treevia Forest Technologies


TEXT:Yukiko Matsuoka

関連記事

アクセスランキング

  1. エンジン式に劣らぬパワーのバッテリー式チェンソーがマキタから登場!
  2. 林業の新潮流「特殊伐採(アーボリカルチャー)」とは? 日本で大注目の新技術に迫る
  3. 効率と安全性を追求! 2019年注目の「最新林業マシン」3選
  4. ティンバースポーツの圧巻のデモも! STIHLが『MS 500i』発売記念イベントを開催
  5. 林業現場で活躍間違いなし! 気分も上がる新製品4選!
  6. STIHLプロダクトマネジャーに訊く! “持続可能な林業”をかなえる製品開発への想い
  7. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  8. 伐木も枝払いもコレ1台でOK!? ウワサのSTIHL最新チェンソー『MS 500i』を使ってみた
  9. フリーマガジン「フォレストジャーナル」9/20(金)創刊!
  10. 岡山県で急成長中の林業会社・杉産業が「スマート林業」を実践する理由

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.01 / ¥0
2019年9月20日発行

 


 


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら