注目キーワード

イノベーション

犬型ロボットがパトロール!? 【世界初、5G接続された森林】管理を高度化する試み

イギリスにて、5G接続された森林を活用すべく開発された、犬型ロボット。遠隔制御され、通常立ち入ることのできないエリアもくまなく巡回可能だ。5G対応のデータ処理を用いたモニタリング技術が注目されている。

メイン画像:ロビンフッド伝説の舞台として知られるシャーウッドの森で稼働するフォレストレンジャー犬。 ©Nottinghamshire County Council

5G接続された世界初の森林で
犬型ロボットがパトロール

イギリス中心部ノッティンガムシャーの国立自然保護区「シャーウッドの森」は、5G(第5世代移動通信システム)が接続された世界初の森林だ。

1000万ポンド(約15億3000万円)を投資し、2020年3月から25ヶ月間、5Gを活用した研究プログラムを実施している。2021年10月には、このプログラムの一環として、英バーミンガムシティ大学の研究チームが開発した犬型ロボットを公開した。

遠隔制御されるこのロボットは、通常立ち入ることのできないエリアをくまなく巡回し、森林周辺のデータを収集。5G対応のデータ処理を用いて森林の健康状態をほぼリアルタイムでモニタリングする。森林環境管理を高度化する新たな試みとして注目されている。

ノッティンガムシャーの公式ニュースページは
こちら!




文:松岡由希子

関連記事

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 行政・林業現場に届け、この技術。スマート林業を実現する《森林GISサービス》とは?...
  2. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  3. 「木質バイオマスビレッジ」に行ってみると!?【前編】小さなむらの村長の想いとは...
  4. 様々な工夫を凝らして森林の回復を目指す! 林業家の努力と取り組み
  5. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  6. 小さな村の大きな挑戦!?「木質バイオマスビレッジ」とは【後編】国も選んだ先進モデル...
  7. 樹木レポートを自動生成する!? 【世界初】スウェーデン自律飛行ドローンソリューション...
  8. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【チェンソー防護ブーツ編】...
  9. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  10. 今までのハーネスはNG!? 林業現場が知るべき2022年1月新規格のポイント!

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.14|¥0
2022/12/15発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら