注目キーワード

イノベーション

木材売買の未来が変わる……!? AIが森林資源の樹種や品質を予測

地理情報システム(GIS)をベースとして、衛星画像やセンシング、気象、地理データなどを人工知能(AI)が解析し、効率的な木材売買へと繋げるソリューションがフィンランドで開発中だ。

AIがデータを解析し、
木材売買における手間を削減

「リンダフォレスト」は、フィンランドのスタートアップ企業「コレクティブ・クランチ」が開発している林業マネジメントシステム。

地理情報システム(GIS)をベースとし、衛星画像データやセンシングデータ、気象データ、地理データなどを人工知能(AI)が解析して、林業地ごとの森林資源の樹種やその質量、品質などを精緻に予測する仕組みだ。


CollectiveCrunch

木材生産者は、森林資源に関する精緻な予測を効率的に得られることで、現地調査に要するコストや労力を軽減し、木材生産の効率化や木材の最適な値付けに役立てることができる。また、木材加工業者にとっても、「リンダフォレスト」の予測データは、用途に合った木材を効率的に調達するうえで有用な情報だ。

森林資源のマネジメントや木材の売買を最適化するソリューションとして期待が寄せられている。

DATA

CollectiveCrunch

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 世界が注目!? 小笠原の厄介者アカギが高品質リコーダーに。離島経済へ貢献の可能性...
  2. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  3. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  4. 今までのハーネスはNG!? 林業現場が知るべき2022年1月新規格のポイント!
  5. 導入指導レポート! コンラート社架線集材用クローラ型タワーヤーダ、森林組合が初導入...
  6. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  7. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  8. 《いざ! 特殊伐採》高所作業車の購入はココで! 信頼と実績のおすすめ販売先3選...
  9. 「安全性・正確さ・スピード」を競え! チェンソー技術日本一を決める競技会、開催間近...
  10. 要確認! 墜落制止用器具の2022年からの新ルール。林業ではどれを選べばいいの?...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.11|¥0
2022/3/24発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら