「林業の働き方」の検索結果

2月25日に開催された「令和元年度スマート林業構築普及展開事業 報告会」の発表資料が公表された。今回はそのなかから、石川地域の報告を紹介する。

〈スマート林業の実践事例を読み解くvol.3〉境界確定の現地立会いは省略できる?

林業業界でしばしば用いられる「意識改革」という言葉。一見スマートな言葉に思えるが、実は違う意味合いを持っているかもしれない。林業を「経営」の視点で考える、FOREST MEDIA WORKS Inc.のCEO楢崎達也氏の誌面連載コラム。

林業で一番大事なスキルとは? 業界で用いられる「意識改革」の意味を考える

アーボリスト®トレーニング研究所は、国内で唯一のアーボリスト養成組織。国際安全技術を基にアーボリスト技術と知識の普及を通じて、安全第一、労働災害事故防止を目指す。今回はリスクマネジメントについて、所長のジョン・ギャスライト氏にお話を伺った。

世界基準のアーボリスト技術と知識が学べる!アーボリスト®トレーニング研究所とは?

全国に広がる「林業女子会」のムーブメント。 女性目線で林業を語ると、様々な課題への新しいアプローチが見つかるかも? 今回は林業女子会@高知の"現場部"を覗かせていただいたので、その様子をレポートする。

〈潜入レポート〉女子の目線で林業界に情報発信を! 林業女子会で挙げられた課題とは?

他業界では進むICT化。林業業界ではなぜ進まないのだろうか。ポイントは林業が「補助制度の基に成立している業種」であることだ。林業業界のICTを考える、FOREST MEDIA WORKS Inc.のCEO楢崎達也氏による連載コラム。

林業事業体でICT化が進まない理由を考える 〜業界は本当にICT化を求めているのか〜

日本伐木チャンピオンシップは2014年に初めて青森県で開催され、以来、隔年で計3回開催されている。5つの競技種目で技術を競うこの大会は、林業従事者の作業への安全意識を高めるとともに、現場に対する意欲向上にもつながっているという。

安全意識や現場の意欲向上にも! 5種目で技術を競う日本伐木チャンピオンシップに迫る

全国で林業ICT化が進んでいるが、林業業界は本当に業務のICT化を求めているのか? そう語るのは、FOREST MEDIA WORKS Inc.のCEO楢崎達也氏。林業事業体の経営支援者という視点から林業業界のICTを考える、同氏による連載コラム。

経営視点から林業業務のICT化を考える 〜業界は本当にICT化を求めているのか〜

プロスポーツ選手が、技術を磨き、体力をつけることは、怪我を防ぐためでもある。 林業もそうだ。森のアスリートである林業者にとっても怪我が一番のライバル。 息の長いプレイヤーになるために、怪我や災害のリスクに備える安全対策の術を身につけよう。

現場を再現して、伐倒を反復練習! 注目の研修機械、伐倒練習機「MTW-01」とは

2月25日に開催された「令和元年度スマート林業構築普及展開事業 報告会」の発表資料が公表された。今回はそのなかから、和歌山地域の報告を紹介する。

〈スマート林業の実践事例を読み解くvol.2〉 従来法とスマート検知法、どちらが効率的?

2月25日に開催された「令和元年度スマート林業構築普及展開事業 報告会」の発表資料が公表された。今回はそのなかから、福島地域の報告を紹介する。

〈スマート林業の実践事例を読み解くvol.1〉準天頂衛星(QZSS)の測位の実力は?

1 2 3

アクセスランキング

  1. 森林組合法改正案が閣議決定! 法案成立前にポイントを理解しよう
  2. 林業で一番大事なスキルとは? 業界で用いられる「意識改革」の意味を考える
  3. 無人駅に木製アートベンチを! 地域と森を繋ぐプロジェクトとは
  4. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  5. サッカースタジアムが森林になる!? 自然環境保護の必要性を表現!
  6. 林業を変える6つの技術にフォーカス!農林水産省が公開した「新技術カタログ」に注目
  7. 世界基準のアーボリスト技術と知識が学べる!アーボリスト®トレーニング研究所とは?
  8. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  9. 他業種交流でイノベーションを!『SUSTAINABLE FOREST ACTION 2020』参加者募集中
  10. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.03 | ¥0
2020/3/17発行

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら