注目キーワード

イノベーション

EU木材界「建造環境での使用推進を」2050年CO2排出実質ゼロや脱炭素化の実現に期待大

欧州を中心とした木材業界が、建造環境での木材の使用を推進するマニフェスト「タイム・フォー・ティンバー」を発表した。気候変動問題に対して、林業業界・木材業界が持つ可能性とは?

メイン画像:フィンランドのシベリウスホール:マニフェストを提唱する欧州木材産業連合が木材活用の代表的な建造物として紹介。

 

欧州を中心とした木材業界が
建造環境への木材使用を提唱

欧州木材産業連合とイギリス木材貿易連合は、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドらの業界団体と提携し、2021年10月、建造環境での木材の使用を推進するマニフェスト「タイム・フォー・ティンバー」を発表した。樹木は成長に伴いCO2を吸収し、伐採・製材加工後も炭素としてこれを貯蔵し続けることから、気候変動を緩和する効果が期待される。

このマニフェストでは「木材は、2050年までのCO2排出実質ゼロに向けて建造環境の脱炭素化を早期かつ大規模に実現する重要な資材だ」とその意義を強調。世界の林業・木材業界に対し、新築やリノベーションで木材使用を増やすこと、木材リサイクルを推進することなどを提唱している。

HP:worldofwoodfestival.org/timefortimber




文:松岡由希子

FOREST JOURNAL vol.10(2021年冬号)より転載

関連記事

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 安全性×抜群のフィット感&軽さのヘルメット! 製品へのファナーのこだわりとは?...
  2. 2024年スタートの“森林環境税”って? 意外と知らない“森林環境譲与税”との違いとは?...
  3. 林業現場の安全対策アイテム7選。新登場&注目アイテムを紹介!
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号 3/29発行!
  6. 【2023年版 大型チェンソー7選】メーカーに聞く「林業向け」機種、最適な1台は?...
  7. 【育苗業界の革命児が語る杉樹苗の最新事情】求められるタイミングにあわせた育苗を可能に...
  8. 木を食べる&木で調理する! 「味覚」から考える木材活用法が続々誕生中...
  9. トウガラシが山を救う!? 高効果&低コスト&環境低負荷の獣害対策アイテムとは?...
  10. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.19|¥0
2024/3/29発行

お詫びと訂正

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら