注目キーワード

イノベーション

廃材やおがくずを建設資材に再生! アメリカ発、環境に優しい3Dプリンター技術に期待

アメリカ・アイダホ大学が研究中の、3Dプリンターを使った技術を紹介! 木材廃棄物の削減・環境負荷の軽減ができる新たな技術として期待が寄せられている。

メイン画像:©University of Idaho

廃材やおがくずが建設資材に!
3Dプリンティング技術

アメリカ・アイダホ大学の研究チームは、3Dプリンターを用いて木材廃棄物を建設資材に再生利用する技術を研究している。

この技術コンセプトでは、3Dモデルデータから材料を層状に積み重ねて造形する「積層造形プロセス」を活用、木材廃棄物を材料として3Dプリンターで壁面パネル、床材、屋根パネルを量産することを想定。

研究チームは、廃材やおがくずと結合剤を材料に用いた3Dプリンティング技術の開発に成功し、現在、結合剤の改良や専用3Dプリンターの設計・開発をすすめている。

2021年9月にはアメリカ国立科学財団から約400万ドル(約4億6000万円)の助成金を獲得。木材廃棄物を削減し、環境負荷を軽減する新たな技術として期待が寄せられている。

アイダホ大学ホームページはこちら




文:松岡由希子

関連記事

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 林業での暑さ対策どうする! 2023年注目したいネッククーラー5選
  2. 【新製品】新次元のバッテリーチェンソー「MSA 300 C-O」8月1日 日本新発売
  3. プロ向け刈払機用ナイロンコード『テラマックス』がオレゴンから発売
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. 【2023年版 大型チェンソー7選】メーカーに聞く「林業向け」機種、最適な1台は?...
  6. 木を食べる&木で調理する! 「味覚」から考える木材活用法が続々誕生中...
  7. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新夏号 6/28発行!
  8. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...
  9. 燃料用材としての「木質チップ」の需要が急拡大! 木質チップの需給状況の動向は?...
  10. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.20|¥0
2024/6/28発行

お詫びと訂正

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら