政策・マーケット

ゲリラ豪雨や台風を原因とする災害が多発する近年、森林の持つ保全機能にも注目が集まっている。国や林野庁は、どのようにスマート林業を推進しているのだろう?日本におけるスマート林業について、林野庁職員が初歩から教えてくれた。

国や林野庁はどう進める? スマート林業推進の施策を直撃!

山形県は長期的に手入れされず荒れてしまった森林の整備事業に関して、これまで森林所有者と取り交わしていた協定の見直しを進めている。協定は所有者の森林機能の維持を目的に20年間にわたり皆伐を禁止し、山林を活用する足かせになっていた。まずは条件付きで皆伐を認める方針だ。

山形県が森林の皆伐を容認!? 国内産木材需要に応えられないジレンマ

国内における針葉樹合板の生産量は、ここ10年で1.5倍にものぼっている。その理由として、下地材やコンクリート型枠・フロア合板への需要が増えていること、国内メーカーの経営方針が輸入材から国産へのシフトチェンジが進んでいることがあげられる。

生産量が1.5倍に増加!国産針葉樹合板が活況な理由とは?

日本の林業が衰退している。その原因は森や木への興味が失われているからではないだろうか。そんな思いから始まった子供たちへの「木育」。遠回りかもしれないが、長期的な視点は欠かせない――。森林ジャーナリストの田中淳夫氏が「希望の林業」を語る連載コラム第2回。

森と木を身近に!子供への木育は林業振興の第一歩

総務省は9月30日に森林環境譲与税を地方自治体に初めて割り当てた。総額100億円を森林面積や人口などに応じ、配分する新たな試みだ。しかし、一部地方自治体から大都市が受ける多額の配分金に異論が出ている。異論が出ている背景を追いかけてみた。

地方自治体からの異論多数! 初配分された森林環境譲与税の配分基準

横浜市はプラスチックゴミによる海洋汚染を食い止めようと今年度から「よこはまプラスティック資源循環アクションプログラム」を策定した。プラスチックゴミの削減に向けた取組を推進して、流通大手のイオン(株)とタッグを組みマイバッグ持参などを呼びかけるキャンペーンの他、木製ストローの製作をして、脱プラへ貢献する取り組みを始めた。

横浜市が脱プラへ! 自治体初の試みは木製ストローの実用化から

「林業事業体に経営マネジメントの考え方が入れば、林業は成長の余地は大きい!」そう語るのは、FOREST MEDIA WORKS Inc.のCEO楢崎達也氏。各地で林業事業体の経営支援を行ってきた同氏による、林業が抱える課題を読み解く連載コラム。

林業の成長に欠かせない! 知っておきたい「経営マネジメント」の考え方

「森林経営管理法」が施行され、この制度を円滑に機能させるため、令和元年に法律が新たに可決、成立した。その法律が森林事業者へ与える影響と変化はどのようなものなのか。

新たな法律は日本の森林を破壊する? 林業事業者からは懸念の声も

林野庁は2019年4月から新たに森林経営管理法を施行した。林業を営む事業者への追い風になるという同法律だが、実際に内容はあまり良く知られていないようだ。林野庁の発表資料からこの法律を掘り下げてみた。

林業経営者へ追い風が吹く? 放置林の問題を“森林経営管理法”が解決

国税として2024年から徴収が決まっている森林環境税。あまり話題に上がらないこの税金の正体は何か?林野庁の発表資料を基にわかりやすくまとめてみた。

2024年スタートの“森林環境税”って? 意外と知らない“森林環境譲与税”との違いとは?

1 2

アクセスランキング

  1. 森と木を身近に!子供への木育は林業振興の第一歩
  2. 林家の経営意欲の向上が林業を成長させる!? 国が掲げるべき政策とは
  3. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  4. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新冬号12/13発行!
  5. ソーチェーンとして世界一採用される理由とは? 随一の技術力で林業ギアを支える
  6. 伐木も枝払いもコレ1台でOK!? ウワサのSTIHL最新チェンソー『MS 500i』を使ってみた
  7. 国や林野庁はどう進める? スマート林業推進の施策を直撃!
  8. 日本の森は“手遅れ”ではない! ドイツ式“気配り森林業”に学ぶ
  9. 年間素材生産量が2倍に! 作業効率を格段にアップさせた最新機械って?
  10. “ウッドデザイン賞2019”が決定! 中高層木造ハイブリット建築が最優秀賞に!

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2019/12/13発行

 


 


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら