政策・マーケット

「林業事業体に経営マネジメントの考え方が入れば、林業は成長の余地は大きい!」そう語るのは、FOREST MEDIA WORKS Inc.のCEO楢崎達也氏。各地で林業事業体の経営支援を行ってきた同氏による、林業が抱える課題を読み解く連載コラム。

林業における課題解決に今必要なのは「一般的な経営の知識・スキル」だ!

「森林経営管理法」が施行され、この制度を円滑に機能させるため、令和元年に法律が新たに可決、成立した。その法律が森林事業者へ与える影響と変化はどのようなものなのか。

新たな法律は日本の森林を破壊する? 林業事業者からは懸念の声も

林野庁は2019年4月から新たに森林経営管理法を施行した。林業を営む事業者への追い風になるという同法律だが、実際に内容はあまり良く知られていないようだ。林野庁の発表資料からこの法律を掘り下げてみた。

林業経営者へ追い風が吹く? 放置林の問題を“森林経営管理法”が解決

国税として2024年から徴収が決まっている森林環境税。あまり話題に上がらないこの税金の正体は何か?林野庁の発表資料を基にわかりやすくまとめてみた。

2024年スタートの“森林環境税”って? 意外と知らない“森林環境譲与税”との違いとは?

ここ数年で世界的に広がった「化石燃料やプラスチックをなるべく使わない」という流れ。この時流に乗り、林業を成長産業として発展させていくには「パラダイム転換」が不可欠だ――。森林ジャーナリストの田中淳夫氏が「希望の林業」を語る連載コラム第1回。

【連載コラム】森林ジャーナリスト・田中淳夫氏が説く! 林業界に必要な「パラダイム転換」とは

アクセスランキング

  1. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新冬号12/13発行!
  2. 林業の新潮流「特殊伐採(アーボリカルチャー)」とは? 日本で大注目の新技術に迫る
  3. 林業現場で活躍間違いなし! 気分も上がる新製品4選!
  4. 歴史は繰り返す? ヤト・ヤソの被害にご注意!
  5. 今スグ導入できるアプリも! 日常業務を効率化する「スマート林業ツール」5選
  6. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  7. 伐木も枝払いもコレ1台でOK!? ウワサのSTIHL最新チェンソー『MS 500i』を使ってみた
  8. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  9. 岡山県で急成長中の林業会社・杉産業が「スマート林業」を実践する理由
  10. 小規模林業が注目されている今、林業と製材加工が近づくためには?

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2019/12/13発行

 


 


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら