注目キーワード

「カルチャー」の検索結果

地域全体を巻き込んでの農泊事業を展開する加子母森林組合。同事業を担当する職員の安江さんは、「自分たちの役割は点を線とすること」と語ってくれた。同組合の取り組みから、地域資源活用のためのヒントを探る。

地域資源をつなぐ「農泊事業」で加子母を魅力ある地域に! 森林組合の挑戦

年齢も性別も職種も様々なメンバーからなる「熱海キコリーズ」。昨年、NPO法人化した同団体は、森林を取り巻く地域課題を解決するための、民間と行政のハブ的存在を目指している。

熱海キコリーズの取組み! 民間林の課題解決へ、民間と行政のハブ的存在を目指して

「山林で行うサバイバルゲーム事業」というこれまでにないアイデアで森林の活性化に挑むのが株式会社フォレストーリーだ。同社を立ち上げた渡部真之助さん、蛭間祐介さん、勝泉貴さんにお話を伺った。

森林×サバゲー! フォレストーリーが立ち上げた新しいビジネスに迫る

年々人気が高まるキャンプは、一人のソロキャンプや自然の素材を活用するブッシュクラフトキャンプなど楽しみ方も進化。そんななか4月に信州・松本に誕生したのが、林業会社が管理運営するキャンプ場。森のスペシャリストの知恵を活かしたアウトドアが体験できる。

周囲の森林もより居心地のいい場所に─林業会社による「キャンプ場」がオープンへ

様々な課題を抱える森林を、もっと暮らしに近い存在へ。森林を切り口にしたソーシャルビジネスを標榜する「森のお仕事株式会社」。林業の裾野を広げるために始めた、一般向けチェンソー講習が好評だ。

一般人向けのチェンソー体験を開催! 「休日山しごとラボ」の森と人をつなぐ試み

岐阜県との県境に位置する福井県池田町に新風を吹き込んでいるのが、町の第三セクターが展開する「Tree Picnic Adventure IKEDA」。誕生から5年、コロナ禍にも強い営業実績で年間約4万人が訪れ、町を活気づけている。

年間約4万人が来場! 町立キャンプ場をリノベしたテーマパークで地域を元気に

株式会社ロフトワークは国産材の需要創出・利用拡大を支援するプロジェクト「WOOD CHANGE CHALLENGE」を立ち上げた。プロジェクトの中心になるのは、国産材の活用アイデアを募る「WOOD CHANGE AWARD」だ。

木のイメージを180度チェンジする! 国産材の新たな可能性を追求するクリエイティブ・アワードが開催

特集企画

アクセスランキング

  1. 家庭や職場で育てた苗木が森をつくる! 新しい形の「森林保全」が誕生
  2. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  3. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  4. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  5. フリーマガジン「フォレストジャーナル」2021年秋号 9/17発行!
  6. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  7. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  8. 日本の悪路に強い! 今後の林業に欠かせないコンラート社タワーヤーダーが国内初上陸...
  9. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...
  10. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.09|¥0
2021/9/17発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら