注目キーワード

エコ・地域づくり

【座談会】檜原村移住組の共同代表に聞いた! “山のシェア”の森林活用のヒケツとは?

「MOKKI NO MORI」は、林業家が整備した森の会員制アウトドア森林フィールド。新しい森林サービス“山のシェア”とは一体? 檜原村移住組でモッキノモリ共同代表の3人に、話をうかがった。

 

檜原村移住組3人のスペシャリスト
= MOKKI NO MORI の共同代表!

デザインディレクター

清田直博さん

福岡県生まれ。クリエイティブの現場で経験を積む傍ら、ファーマーズマーケットの運営に関わるなかで農業に興味を持ち、2016年に檜原村に移住。山間地で持続可能な農業の在り方を探るため、仲間と「檜原村新農業組合」を組織。農業体験やワークショップ、商品開発を行っている。


自然体験イベンター

渡部(わたなべ)由佳さん

自然体験イベントを企画するOSOTOの代表取締役社長兼カメラマン。行政書士として監査法人の法務コンサルタントを経て、現職に。「我が子にさせたい自然体験とは?」をテーマにプログラムを手がける。親子向けイベント「地球の学校」のほか、リスク管理のコンサル経験を活かし、危機管理のマニュアル作りを担当。


林業家

青木亮輔さん

東京チェンソーズの代表取締役。東京農業大学林学科卒後、1年間の会社勤めの後、「地下足袋を履いた仕事がしたい」と、林業の世界へ。檜原村木材産業協同組合代表理事。檜原村林業研究グループ「やまびこ会」役員、TOKYO WOOD普及協会専務理事など、さまざまな分野で活躍する。

山・森をシェアする
仕組みづくり

――プロジェクトのきっかけは何ですか?

渡部 畑を共有するシェア畑が流行っているけど、シェア森やシェア山はない。それならそういう仕組みを作ろうというのが発端。

青木 国内に「山をシェアする」という施設がほとんどなく、立ち上げ時は、仕組みづくりがいちばん大変でした。

渡部 最初は山を区画して年間の賃貸契約をする計画でしたが、いざ蓋をあけたら急斜面だらけで区画できない(笑)。

青木 檜原村は急峻な山がほとんど。逆に言えば、檜原村で作れるなら全国どこでもできると思います。

渡部 そもそも私は、ここでコミュニティづくりをしたくて。地元でもない、会社でもない、週末に帰る集落みたいのもの、いわゆるサードプレイスです。いっその事、区画しなければ交流が生まれやすいのではと思い、区画せずにみんなで山全体をシェアする会員制にしようと。

――会員の方はどんな方が多いですか?

渡部 40〜50代のファミリーです。アウトドア初心者の方も多いですよ。私のママ友の会員さんは、家族と週末を過ごすことを目的で入会しました。

青木 当初は玄人しか来ないと思っていた(笑)。間口が狭まらないように、清田さんにバランスよくデザインしてもらって。

清田 当初から「キャンプ場」ではなく「会員制のアウトドア森林フィールド」にしようと決めていたよね。



意外とクールな利用者
森に通うことで、自分ごとに

――たしかに「風の縄文トイレ」や「年会費一括払い」は会員さんの覚悟が必要です。

渡部 だからこそ「私たちは1年間ここに通う」と腹を決め、冬でも来てくれる。年会費という設定でよかったです。

青木 “金曜に山に入って日曜に帰る”利用を想定しましたが、実際には連泊組が少なく、焚き火して3時間ほどで帰るデイキャンパーが多い。その方が楽だとか。

渡部 想定外でしたね。会員さんは私たちが考えているよりも使い方がクール。

――デイキャンだと初心者でも気軽で、通えば通うほどお得になる。コンセプトの「人が入ることでどんどん山が美しくなる」につながりますね。

青木 一般の人が定期的に森に通える仕組みを作ることが、森林サービス産業の大切な点だと思います。単発のイベントより、こうした山のサブスクの方が事業として成り立ちます。

渡部 林業のイベントはたくさんあるけど、森や山を“自分ごと”として感じてもらうには、継続的に通わないと分からない。

青木 現代人は山のつきあい方が分からない人が多い。ルールを明確化した山や森で過ごす人が増えれば、山がみんなの共有財産だった時代に戻れると思うな。

渡部 そもそも「山のシェア」は新しいというよりも、戦前の日本に戻る感覚だよね。

清田 シェフが農場を訪ねるように、ものづくりをしている人が森や山に足を運べる、学びの場にもなってほしい。

青木 オープンして半年、企業の福利厚生としての問い合せや山主さんからのオファーも来ています。

清田 山のシェアをやってみたい全国の事業体の方も、気軽にご相談してほしいですね!

 

長く続けていく森林活用のヒケツ
「森に通う」仕組みづくりをする。
人が継続して山林に入ることで山を身近に感じ、美しく保つことができる。便利にしすぎない場所づくりも大事。

 

DATA

MOKKI NO MORI(モッキノモリ)


MOKKIは北欧で「自然に帰る小屋」の意味。

東京都西多摩郡檜原村本宿697
会員費:
●シングル会員:110,000円/年(税込)
●ファミリー会員:132,000円/年(税込)


取材・文:後藤あや子
写真:村岡栄治



関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 効果抜群! 《植物活性材》《獣害対策資材》で苗を大きく育てる! 再造林低コスト化にも...
  2. 疾走! MTBパーク「ミリペタ」がついにオープン。桜吹雪舞うコースの完成秘話とは?...
  3. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  4. 改めて問い直す、DX林業先進国フィンランド【前編】なぜ日本はモデルにしてきたのか?...
  5. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  6. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  7. 【座談会】檜原村移住組の共同代表に聞いた! “山のシェア”の森林活用のヒケツとは?...
  8. 不整地もお任せあれ! 安全な伐採を実現する【高所作業車】その3つの理由とは?...
  9. 山主が繋がる、日本一周MTBトレイル完成への夢!【後編】次世代に継ぎたい山林の価値...
  10. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.12|¥0
2022/6/30発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら