注目キーワード

「アプリ」の検索結果

オフラインでも便利に活用できる、林業向け情報共有アプリが続々と登場。コミュニケーションの効率化で業務改善、安全化などを目指す。現場のフィードバックを参考に、日々機能改善につとめるアプリ2種類を紹介する。

山林での報告業務をスムーズに! オフラインでも活躍する情報共有アプリ

山林をデータ化して管理するため、独自でソフトウェア開発を続けてきた晃洋設計測量。山を知る開発者だからこそ実現したラインナップをご紹介しよう。

山を知る開発者だからこそ実現! 異次元の使いやすさを誇る山林管理サービス

手間がかかる原木椪の検知作業にアプリを活用している現場が増えている。そこで今回は、国土防災技術株式会社のスマートフォン用の原木椪検知アプリ「AI丸太検知くん」を紹介しよう。

人力カウントからICT検知へ! 計測精度アップと計測時間短縮を実現したアプリとは

素材検知アプリ「Timbeter」。世界中の林業従事者に愛用されるアプリケーションへと成長した理由はどこにあるのか。同アプリを手がけるTimbeter社の現CEOアナ・グレタ・ツァークナ氏にお話を伺った。

〈インタビュー〉世界中の林業従事者が愛用! アプリ「Timbeter」の軌跡に迫る

電子国家、エストニア発の素材検知アプリ「Timbeter」。世界中で二万人を超えるユーザーが利用する、まさに世界水準のアプリケーションだ。その魅力はどこにあるのか。詳しく紐解いていこう。

進化が止まらない! 世界が認めた検知アプリ「Timbeter」

素材検知アプリ「iFovea Pro」は、はい積みされた丸太をスマホで撮影するだけで、丸太の本数・直径・材積が計測できる優れモノ。林野庁のレポートを基に、その実力を分析する。

検知の効率が劇的に向上! 検知アプリ「iFovea Pro」の性能とは

住友商事は西粟倉村、株式会社DATAFLUCTとともに森林所有者のための森林管理ツールの開発と実証実験を開始した。昨年施行された森林経営管理法や、昨今話題になっている温室効果ガスの削減に向けた取り組みで、SDGsの観点からも注目が集まっている。

木1本1本の管理がアプリで可能になる!? 西粟倉村で実証がスタート

スマート林業は森林をデータとして見える化することで始まる。それに最適な製品が『OWL』だ。その開発背景と製品の概要についてご紹介しよう。

カンタン、素早い、高精度! 「OWL」での見える化が各地で拡大中!

日本でもこれからさらに加速していく、スマート林業への動き。現時点でどのようなサービスが登場しているのか、確認しておこう。今回は、日常業務を効率化する5つのツールをピックアップ!

今スグ導入できるアプリも! 日常業務を効率化する「スマート林業ツール」5選

何かと手のかかる作業が多い林業。そんな林業の作業効率をUPさせるアプリがあるのはご存知だろうか? 『細り表アプリ』を使用すれば、自分の森林の価値を簡易な方法で知ることができるようになるなど、様々な作業が簡略化されるのだ。今回はそんな優れたアプリを紹介する。

作業効率がグンとUP! 林業者におすすめしたい『細り表アプリ』の効果とは?

特集企画

アクセスランキング

  1. 家庭や職場で育てた苗木が森をつくる! 新しい形の「森林保全」が誕生
  2. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  3. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  4. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  5. フリーマガジン「フォレストジャーナル」2021年秋号 9/17発行!
  6. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  7. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  8. 日本の悪路に強い! 今後の林業に欠かせないコンラート社タワーヤーダーが国内初上陸...
  9. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...
  10. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.09|¥0
2021/9/17発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら