注目キーワード

政策・マーケット

木のイメージを180度チェンジする! 国産材の新たな可能性を追求するクリエイティブ・アワードが開催

株式会社ロフトワークは国産材の需要創出・利用拡大を支援するプロジェクト「WOOD CHANGE CHALLENGE」を立ち上げた。プロジェクトの中心になるのは、国産材の活用アイデアを募る「WOOD CHANGE AWARD」だ。

単なる木質化ではなく
木へのまなざしを変える
アイデアを

クリエイターによる国産材の「チェンジ(変換・転換・更新・拡張)」をコンセプトに掲げる本プロジェクト「WOOD CHANGE CHALLENGE」。「あたたかみがある」「リラックスできる」「環境にやさしい」といった木に対する既存のイメージにとどまらない、国産材の魅力を大胆に「チェンジ」するアイデアを募集し、これまでにない新しい木材需要の可能性を追求していく。
 

 
そのため木材に関する専門知識や加工技術を有したクリエイターだけでなく、「なんだか木が気になる」「ただただ木を偏愛している」といったように、木材に関心を持つクリエイターの幅広い参加を期待しているという。

プロジェクトの核となる「WOOD CHANGE AWARD」で募るのは、「木へのまなざしを変えるアイデア」

さらにサブテーマとして「MATERIALITY(木の特性の活かし方をチェンジするプロダクトのアイデア)」「ACTIVITY(木と人との関係をチェンジするアイデア)」「STORYTELLING(木を使うことのイメージをチェンジするコニュニケーションのアイデア)」という3つを設ける。



具体的な作品やプロダクトだけでなく、コンセプトスケッチやコンセプトムービーなども審査の対象となる今回のアワード。

事務局も「プロダクトデザイナーや建築家だけなく、プランナーやコミュニケーションデザイナー、グラフィックデザイナーなど、ユニークな視点と創造することに長けたクリエイターにもぜひ参加してほしい」と呼びかける。

「ウッドチェンジには「Would change(もしかしたら変わるかも!)」という、もうひとつのメッセージが込められています。単に既存の製品やプロダクトのマテリアルを木に置き換えるのではなく、「木にはこんな使い方もあったのか!」と見る人を驚かせるような斬新なアイデアをお待ちしています」と事務局。

また現在、クリエイターのインスピレーションを引き出すことを目的に、「MATERRIALITY」「ACTTIVITY」「STORYELLING」の実践例を展示する「WOOD CHANGE Exhibition」が、2021年1月11日までロフトワークの運営するFabCafe Tokyoで開催中だ。

同エキシビジョンはFabCafe Kyoto(2021年1月15日〜1月30日)、FabCafe Nagoya(2021年2月2日〜2月15日)でも順次開催される。

WOOD CHANGE AWARDの募集期間は2021年2月15日まで。

DATA

WOOD CHANGE CHALLENGE


取材・文:福地敦

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  2. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  3. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  4. 過去の日本林業は多様性があった──混交林的な森づくりで環境と経済の両立を...
  5. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  6. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  7. 「高性能薪割り機」で収益性向上を目指した多角経営へ! 若い世代に選ばれる仕事に...
  8. フリーマガジン「フォレストジャーナル」2021年秋号 9/17発行!
  9. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【チェンソー防護ブーツ編】...
  10. 林業に役立つ人気アイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は11/30まで!

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.09|¥0
2021/9/17発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら