エコ・地域づくり

サッカースタジアムが森林になる!? 自然環境保護の必要性を表現!

今、サステナブルな森林経営が世界で求められている。その根底にある最も大事なものは”自然環境保護”だ。それを訴える作品がオーストラリアの「フォー・フォレスト」だ。

自然環境保護を訴える作品
「フォー・フォレスト」

フォー・フォレスト」は、オーストリアのサッカー専用スタジアム「ヴェルターゼー・シュターディオン」に2019年9月から10月にかけて展示されたインスタレーションだ。

フィールドには、シラカバ、ナラ、カエデ、ポプラ、ハンノキなど、約300本の樹木が植えられ、中欧の森を再現。秋の深まりとともに木々の葉が色づき、美しい景色を生み出した。

この作品は「気候変動や森林伐採によって、森林は人工的な展示物としてしか残らない」というデストピアを表現したもので、自然環境保護の必要性を逆説的に訴えかけている。展示期間終了後は、スタジアムの近くにそのまま移植され、「生きた森の像」として引き続き展示される計画だ。

©UNIMO


文/松岡由希子

FOREST JOURNAL vol.2(2019-20年冬号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 木1本1本の管理がアプリで可能になる!? 西粟倉村で実証がスタート
  2. 林業事業者もサラリーマンも同じ!? 組織で働く意識を持つことの重要性
  3. 伐木も枝払いもコレ1台でOK!? ウワサのSTIHL最新チェンソー『MS 500i』を使ってみた
  4. 日本に本格的に上陸! ドイツ生まれのDISTELのクライミングスパイク
  5. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  6. 植林も下刈り作業もラクラク!? 人に寄り添う「ロボット」が林業を変える
  7. 日本の「里山」と英国の「コピス」、原点に立ち返り森を生かす
  8. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  9. 2020年は北海道で開催! 国内最大級の林業機械実演会が出展社を募集中!
  10. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新冬号12/13発行!

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2019/12/13発行

 


 


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら