エコ・地域づくり

街の木々の健康状態を可視化! IoTを活用したプロジェクトが始動

木々の健康状態がひと目でわかる……!? ベルギーで新たなプロジェクトが始まった。街の樹木を効率的にモニタリングすることで、管理やメンテナンスに役立てる試みだ。

木々の状態をモニタリングして
緑豊かな街づくりを

ベルギーのルーヴェン・カトリック大学の研究チームは、樹木の健康状態を測定するセンサーモジュールを開発し、2019年1月、街路樹や公園の木々の状態をオンラインプラットフォーム上で可視化するプロジェクト「インターネット・オブ・ツリーズ」を立ち上げた。

樹木に装着したセンサーモジュールが、外気温や樹液流の温度、木の動きなどを測定。測定データは専用サーバーに集約され、オンラインプラットフォームで公開される仕組みだ。


KU Leuven

このセンサーモジュールは、テクノロジーやプログラミングの基本知識があれば誰でも制作できるよう、ソースコードやプリント基板などはすべてオープンソースで提供されている。


左から、ベイモミ(Edele zilverspar)、オウシュウトウヒ(Fijnspar)、ヨーロッパブナ(Beuk)の3種類の樹木の測定データが折れ線グラフで表示されている。緑色の折れ線グラフは外気温、青の折れ線グラフは樹液流の温度を示している。KU Leuven

IoT(モノのインターネット)によって街の木々を効率的にモニタリングし、樹木の管理やメンテナンスに役立てようという試みだ。

DATA

KU Leuven


TEXT:Yukiko Matsuoka

関連記事

アクセスランキング

  1. エンジン式に劣らぬパワーのバッテリー式チェンソーがマキタから登場!
  2. 林業の新潮流「特殊伐採(アーボリカルチャー)」とは? 日本で大注目の新技術に迫る
  3. 効率と安全性を追求! 2019年注目の「最新林業マシン」3選
  4. ティンバースポーツの圧巻のデモも! STIHLが『MS 500i』発売記念イベントを開催
  5. 林業現場で活躍間違いなし! 気分も上がる新製品4選!
  6. STIHLプロダクトマネジャーに訊く! “持続可能な林業”をかなえる製品開発への想い
  7. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  8. 伐木も枝払いもコレ1台でOK!? ウワサのSTIHL最新チェンソー『MS 500i』を使ってみた
  9. フリーマガジン「フォレストジャーナル」9/20(金)創刊!
  10. 岡山県で急成長中の林業会社・杉産業が「スマート林業」を実践する理由

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.01 / ¥0
2019年9月20日発行

 


 


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら