注目キーワード

機械・ツール

火災発生から60分以内に警報発信! 注目の森林火災検知ソリューション

サステナブルな森林経営は、SDGsでも示される世界共通の課題。各国の次世代林業トピックから、新しい林業の可能性が見えてくる? 今回は、ドイツの企業が開発した“森林火災検知ソリューション”をご紹介。

森林火災を早期に検知
被害の拡大を防ぐ

ドイツのスタートアップ企業「ドライアド」は、太陽電池式センサーと大規模IoTネットワークを組み合わせた森林火災の早期検知ソリューションを開発した。樹木に装着したセンサーが気温や湿度、気圧を計測するほか、人工知能(AI)を用いて森林火災の初期段階である燻焼時に放出される気体を検知し、火災発生から60分以内にアラートを発信。

火災発生から数時間~数日後に森林火災による煙流をカメラや人工衛星で検知する既存のシステムに比べて、森林火災を早期に検知し、被害の拡大を防ぐことができる。2020年5月には首都ベルリン郊外の森林で実証実験に成功し、現在、ドイツやアフリカの森林で本格的な導入が検討されている。




文:松岡由希子

FOREST JOURNAL vol.6(2020年冬号)より転載

関連記事

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 林業での暑さ対策どうする! 2023年注目したいネッククーラー5選
  2. 【新製品】新次元のバッテリーチェンソー「MSA 300 C-O」8月1日 日本新発売
  3. プロ向け刈払機用ナイロンコード『テラマックス』がオレゴンから発売
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. 【2023年版 大型チェンソー7選】メーカーに聞く「林業向け」機種、最適な1台は?...
  6. 木を食べる&木で調理する! 「味覚」から考える木材活用法が続々誕生中...
  7. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新夏号 6/28発行!
  8. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...
  9. 燃料用材としての「木質チップ」の需要が急拡大! 木質チップの需給状況の動向は?...
  10. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.20|¥0
2024/6/28発行

お詫びと訂正

» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら