注目キーワード

イノベーション

木質バイオマスを知っておこう!前編:エネルギーだけじゃない!? 最新の実用化事例とは

バイオマスとは、生物(bio)と質量(mass)を組み合わせた造語で、動植物から生まれる再利用可能な有機性資源のこと。木材から成るから木質バイオマス。林業界の期待の星、木質バイオマスのキホンを知ろう。

 

木質バイオマスが
注目される理由とは?

今、日本の人工林の多くが樹齢50年を超え、伐採に適した「主伐期」を迎える中、新しい木材・森林資源活用が求められている。そのキーワードとなるのが「木質バイオマス」の利活用だ。

木質バイオマスには、間伐や造材のときに発生した小径木や枝葉などの林地残材、製材工場などから発生する端材、樹皮やのこ屑などのほか、住宅の解体材や街路樹・果樹の剪定枝などさまざまな種類がある。



よく知られているのは、木材チップ、木質ペレット、薪、木粉(おが粉)等を用いて発電や熱利用を行う木質バイオマスのエネルギー利用だろう。

2012年に再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)が施行され、全国で木質バイオマス発電事業化の動きが活発化。

加えて持続可能な社会の実現を目指すSDGsと、2050年カーボンニュートラル達成に向けて、日本各地で木質バイオマスエネルギーの発電所や熱利用施設が増えている。



木質バイオマスはエネルギー利用だけではない。製材やエネルギー燃料といった従来の木材利用とは異なる分野で、木質系新素材の実用化に向けた研究開発も進んでいる。

そのひとつのセルロースナノファイバーは、木材などの植物繊維の主成分であるセルロースをナノサイズ(1mmの100万分の1)にまで細かく解きほぐした新素材。プラスチック製品からコスメ、お菓子まで幅広く商品化されている。

山に恵まれた日本人は少し前まで、薪や炭をエネルギーに使い、木の家に暮らし、紙をリサイクルして、山や森林の資源を上手に活用してきた。こうした原点に戻って、木質バイオマスについてきちんと考えてみたい。

 

業種別の
木質バイオマス利用動向

「電気・ガス・熱供給・水道業」が全体の半分を占め、次に「製造業」の順になる。

さらに製造業の中では「パルプ・紙・紙加工品製造業」がダントツのトップで、「合板製造業」、「製材業、木製品製造業」と続く。


出典:「令和2年木質バイオマスエネルギー利用動向調査 業種別木質バイオマスの利用量」(農林水産省)

 


文:後藤あや子

関連記事

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 行政・林業現場に届け、この技術。スマート林業を実現する《森林GISサービス》とは?...
  2. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  3. 「木質バイオマスビレッジ」に行ってみると!?【前編】小さなむらの村長の想いとは...
  4. 様々な工夫を凝らして森林の回復を目指す! 林業家の努力と取り組み
  5. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  6. 小さな村の大きな挑戦!?「木質バイオマスビレッジ」とは【後編】国も選んだ先進モデル...
  7. 樹木レポートを自動生成する!? 【世界初】スウェーデン自律飛行ドローンソリューション...
  8. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【チェンソー防護ブーツ編】...
  9. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  10. 今までのハーネスはNG!? 林業現場が知るべき2022年1月新規格のポイント!

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.14|¥0
2022/12/15発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら