イノベーション

ドローンで上空から種をまく!? 森を育てる新たな植林ソリューションとは?

樹種や土壌などから樹木が生育しやすい場所を特定し、ドローンで植林! 今までよりも速く、効率的で、コストを軽減できるのが大きなメリットだ。

ドローンを使った植林方法
その方法が画期的すぎる!

米シアトルを拠点とする「ドローン・シード」はドローン(無人航空機)を活用した植林ソリューションだ。


DroneSeed

ドローンに搭載したカメラで上空から植林用地を撮影し、画像データと地理情報を集約した三次元マップを作成。樹種や土壌などから樹木が生育しやすい場所をセンチメートル単位で精緻に特定したうえで、ドローンが自律飛行し、種子に肥料、病害虫防除剤を混ぜた特殊カプセルを上空からまく仕組みだ。

1回あたりの飛行で最大57ポンド(約25.8キログラム)のカプセルをまくことができる。温室で種から苗木を育て、森林に移植する従来の手法に比べて、より速く、効率的で、コストを軽減できるのが利点だ。

2016年の創設以来、政府機関や自然環境保護団体、製材メーカーらと幅広く提携し、森林火災で失われた森林の再生にも取り組んでいる。

DATA

DroneSeed


TEXT:Yukiko Matsuoka

関連記事

アクセスランキング

  1. ソーチェーンとして世界一採用される理由とは? 随一の技術力で林業ギアを支える
  2. 「みちのくあじさい園」の経営で名所となった林業事業
  3. 減少を続ける”林家”の手取り。 本当に国が掲げるべき政策とは?
  4. 日本の森は“手遅れ”ではない! ドイツ式“気配り森林業”に学ぶ
  5. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  6. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新冬号12/13発行!
  7. 国や林野庁はどう進める? スマート林業推進の施策を直撃!
  8. 高効率&低コストで実現! 知っておきたい「木質バイオマス利活用」のはじめかた
  9. 山形県が森林の皆伐を容認!? 国内産木材需要に応えられないジレンマ
  10. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2019/12/13発行

 


 


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら