注目キーワード

イノベーション

カード決済で植林に寄付する世界初の木製デビットカードが登場

イギリスから世界初の木製デビッドカードが2021年から世界で展開予定。見た目もユニークなこのカードはどのような仕組みで社会貢献ができるのだろうか。

支払いするたびに植樹
社会貢献ができるカード

ツリーカード」とは、世界初の植林寄付型木製デビットカードだ。FSC(森林管理協議会)の認証を受けたサクラ材を原料とし、ICチップには使用済みペットボトルを再生したプラスチックが用いられている。

発行手数料や年会費は無料で、マスターカードの加盟店で利用可能。決済ごとに加盟店から得られる手数料収入の8割を世界各地の植林活動に寄付し、決済金額45ポンド(約6300円)ごとに1本が植樹される。また「ツリーカード」のモバイルアプリでは、利用履歴とともに、これまでに植樹された本数を閲覧できる仕組みだ。

「ツリーカード」は、2021年以降、各国で順次展開される予定。2026年までに100万本の植樹を目指す。

©TreeCard Ltd.




文:松岡由希子

FOREST JOURNAL vol.6(2020年冬号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  2. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  3. 【里山ライフハック】あっという間に薪の山を作る! 世界最強!?の薪割り体験レポート...
  4. 【冬支度のいろは】現役林業家から学ぶ! 冬支度で用意すべきアイテム10選...
  5. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  6. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  7. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは...
  8. フリーマガジン「フォレストジャーナル」2020年冬号 12/21発行!
  9. 安全性と高性能を両立! メンテナンスコスト低減を実現させた油圧ショベルに新型モデルが登場...
  10. 伐木も枝払いもコレ1台でOK!? ウワサのSTIHL最新チェンソー『MS 500i』を使ってみた...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.06 / ¥0
2020/12/21発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら