注目キーワード

林業者の取り組み

普及の鍵は獣害対策? 全国で期待高まる、要注目の【低コスト再造林プロジェクト】!

育林コストの削減や育林期間の短縮効果が魅力の「低コスト再造林プロジェクト」。一方で課題も見つかっている。プロジェクトが普及するポイントはどこにあるのだろうか?【後編】

 

 

獣害対策が鍵!
全国的に高まる関心

一方、根羽村森林組合の試験地では、苗に被せている獣害対策資材がニホンジカによって外されて食害を受けるケースが相次ぎ、本年度に苗の補植を検討している。

淡田部長はこう話す。「シカはコウヨウザンの苗木を特に好むようだ。効果的な獣害対策を探っていきたい」。

また東北などの寒冷地はコウヨウザンの生育に適さず、代わりにスギ苗を活用した低コスト再造林が向くケースもあるという。



そうした中、今年3月にオンラインで開いた低コスト再造林のシンポジウムには行政や林業関係者など全国の約700人から視聴希望の申し込みがあり、関心の高さをうかがわせた。

淡田部長は次のように意欲を見せる。「低コスト再造林の施業方法は、コウヨウザンに限ったものではないが、今回のプロジェクトでは、試験的にコウヨウザンを採用した。低コスト再造林の普及と並行して最初の伐期を迎える30年後までにコウヨウザン材の国内市場をつくる必要がある」。

従来の再造林の手法を大きく変える潜在性を持つ低コスト再造林プロジェクトに今後も要注目だ。

教えてくれた人

全国森林組合連合会 組織部長

淡田和宏さん


取材・文:渕上健太



関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. フリーマガジン「フォレストジャーナル」2022年秋号 9/30発行!
  2. 革新的テクノロジーで森林の課題を解決する専門家集団が新たに手がける8ツールとは?...
  3. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  4. 新米林業家が綴る体験記、間伐編! 「どうして大事なの?」「切り捨てるワケって?」...
  5. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  6. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  7. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  8. 森林計測がここまで進んだ! スマートグラスに計測データ表示、新開発の+AR技術とは?...
  9. 《いざ! 特殊伐採》高所作業車の購入はココで! 信頼と実績のおすすめ販売先3選...
  10. 今までのハーネスはNG!? 林業現場が知るべき2022年1月新規格のポイント!

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.13|¥0
2022/9/30発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら