注目キーワード

林業者の取り組み

日本発の植樹手法「宮脇方式」を応用! インドで行われる注目の植林プロジェクト

持続可能な森林経営は、SDGsでも示される世界共通の課題だ。2011 年、インドで「アフォレスト」を創業したシュベンドゥ・シャルマ氏は、植物生態学者の宮脇昭博士が提唱する「潜在自然植生」を応用し、インドで植林プロジェクトを手がけている。

日本発の植樹手法を応用した
インドの植林プロジェクト

トヨタ自動車でエンジニアとして勤務していたシュベンドゥ・シャルマ氏は、2011年、インドで「アフォレスト」を創業した。
 
植物生態学者の宮脇昭博士が提唱する「潜在自然植生」を中心とした混植・密植型の植樹手法を用い、インド内外で植樹サービスやコンサルティングなどを手がけている。「宮脇方式」と呼ばれるこの植樹手法は、従来の10倍の速さで植樹でき、100倍もの生物多様性を実現できるのが特徴だ。
 
シャルマ氏は、トヨタ自動車の代表的な生産方式である「平準化」を応用し、「宮脇方式」の植樹手法を標準化。アフォレストでの植樹実績をもとにノウハウやスキルを文書にまとめ、公式ウェブサイトでオープンソースとして提供している。


文:松岡由希子

FOREST JOURNAL vol.3(2020年春号)より転載



関連記事

アクセスランキング

  1. “木を飲む ”ことで森をもっと身近に! 木の幹からつくるお茶「konoki」とは
  2. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  3. 下刈り作業の人手不足を解消! ミニ油圧ショベルに装着できる草刈りアタッチメント
  4. ベースマシン選定は安全装備に着目を! 高性能林業機械『SH135X』で安全性向上へ
  5. 林業者は下刈り作業から解放されるのか? 最新の研究動向から下刈りの自動化に迫る
  6. 〈受付中!〉林業に役立つ人気アイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は9/16まで!
  7. 効率と安全性を追求! 2019年注目の「最新林業マシン」3選
  8. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  9. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  10. 中速回転でもパワフルな下刈りを実現! 山林用エンジンを搭載した耐久性抜群な刈払機

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.04 / ¥0

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら