機械・ツール

オープンデータを活用した森林情報ツールって? スマホでも簡単に利用可能!

今やデータは膨大に存在する時代。それをどのように有効的・効率的に活用するのかが問われていくだろう。北欧フィンランドでは、林業に役立つデータがオープンデータとして公開されている。その活用方法を見ていこう。

地図ベースの森林情報ツール
「ウッズアップ」

北欧フィンランドでは、2018年3月から、国内の約6割の森林を対象に、樹木の種類や生育状況などの情報をオープンデータとして公開している。

フィンランドのスタートアップ企業ビットコンプが開発した「ウッズアップ」は、これらのオープンデータを活用した地図ベースの森林情報システムだ。パソコンのほか、モバイル端末でも利用でき、樹種や胸高直径の平均値、収穫量、伐採予定時期など、条件に合った林分をマップ上で検索できるほか、現地調査で得た情報や画像をマップに記録できる機能などを搭載。

これまでに製材メーカーや木材流通業者など、700社以上で導入されており、用途やニーズに合った木材の調達先の開拓に役立てられている。

©BitComp Oy


文/松岡由希子

FOREST JOURNAL vol.2(2019-20年冬号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 森林組合法改正案が閣議決定! 法案成立前にポイントを理解しよう
  2. 林業事業体でICT化が進まない理由を考える 〜業界は本当にICT化を求めているのか〜
  3. 世界基準のアーボリスト技術と知識が学べる!アーボリスト®トレーニング研究所とは?
  4. 〈潜入レポート〉女子の目線で林業界に情報発信を! 林業女子会で挙げられた課題とは?
  5. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  6. サッカースタジアムが森林になる!? 自然環境保護の必要性を表現!
  7. 放置森林を地域資源に! 「西粟倉モデル」のノウハウを活かした話題のコンサルティング
  8. 林業で一番大事なスキルとは? 業界で用いられる「意識改革」の意味を考える
  9. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号3/17発行!
  10. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.03 | ¥0
2020/3/17発行

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら