注目キーワード

機械・ツール

生産性・効率性がUP! 林業で活用したい「計測・解析系アイテム」6選

スマート林業への動きが、どんどん広がっている。活用できるサービスやアイテムを取り入れると、見える化や効率化が実現可能だ。今回は、計測/解析系アイテムを6つ紹介する。

森林資源情報を見える化
3Dレーザー測量

アドイン研究所『OWL』

林内をレーザースキャンし、立木の位置や胸高直径、そして林分あたりの直径分布や材積等の森林情報を算出・集計し、データファイル生成までを一貫して行える。

GISとの連携、立木位置図を利用した間伐シミュレーション等も可能。
 

効率的に空から測量!
航空・ドローン測量サービス

フロンティアジャパン『山林計測』

高性能ドローンを使い資源量調査や木材の材積調査を短時間で行う。100haが1日で計測可能。迅速かつ安価、広大な土地も対応。
 
ヤマハ『FAZER R G2』

産業用無人ヘリに、測量機LiDARを装着して行う森林レーザー計測。高密度ながら、高効率でコストを抑えて計測できる。



オプティム『Forest Scope』

オプティムが展開するマルチコプター型ドローンや固定翼機型ドローン。

空撮画像をAIが解析するサービスなどの技術を林業にも応用し、空撮画像から資源量調査を行う。
 

ドローン関連の
新サービス

トルビズオン『sora:share』

ドローンによる空中使用権を取引できるサービス。

森林をはじめ土地の所有者は、所有地を地図上に登録し、飛行可能領域を指定するだけで空域の販売ができる。
 

効率的な設計が可能に!
路網設計シミュレーション

住友林業『Forest Road Designer(FRD)』

航空レーザ計測等で得た地形データを使い、林道や森林作業道などの林業用路網を設計。

操作画面上で出発地と目的地を入力するだけで、線形を自動的に設計できる機能も。
 

台帳と地図を一元化!
森林管理

晃洋設計測量『山守くん Lite』

森林施業を行うために必要な情報と、航空写真や衛星写真、地図を一元化して管理するシステム。測量データを森林簿、山林情報と簡単にリンク付けし、施業に活かすことができる。


FOREST JOURNAL vol.1(2019年秋号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  2. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】
  3. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  4. 安全と効率の両立を実現! 作業を支える林業機械のイマとミライ
  5. 林業に役立つ人気アイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は12/13まで!
  6. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  7. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  8. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  9. 低コスト化を実現するキーアイテム! 運搬ドローンの省力化は笑顔も届ける!?
  10. 世界基準のアーボリスト技術と知識が学べる!アーボリスト®トレーニング研究所とは?

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.05 / ¥0
2020年9月15日発行

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら