注目キーワード

「林業の働き方」の検索結果

樹木の幹と天然水だけを原料としたブレンドティー「konoki(このき)」。その製品化に向けてのクラウドファンディングが7月6日からスタートした。目標金額は150万円。3,000円からの支援が可能だ。

“木を飲む ”ことで森をもっと身近に! 木の幹からつくるお茶「konoki」とは

森林環境再生を目的とする森林アクションプラットフォーム・アプリ「weMORI(ウィモリ)」は、7月7日から、開発資金を調達するためのクラウドファウンディングを開始した。

ワンタップで森林を救う! 世界中の森林保護活動に寄付できるアプリ「weMORI」

合同会社Woodsman Workshopが、伐倒の基礎から最新メソッドまでを学べるテキストの作成に向けてクラウドファンディングに挑戦中している。多くの林業関係者からも注目を集める期待のプロジェクトだ。

体系的に伐倒を学べるテキストづくりを! 死亡事故削減を目指したプロジェクトが開始

間もなく創業2年を迎える林業会社「株式会社山武師」が、4人目のメンバーを募集中だ。同社が目指すのは「カッコイイ林業」。そこで、求める人材像や今後の事業展開について、代表の森谷隼斗さんにお話を伺った。

〈インタビュー〉林業の魅力を現場から届けたい! 「カッコイイ林業」を目指す若者たち

2月25日に開催された「令和元年度スマート林業構築普及展開事業 報告会」の発表資料が公表された。今回はそのなかから、石川地域の報告を紹介する。

〈スマート林業の実践事例を読み解くvol.3〉境界確定の現地立会いは省略できる?

林業業界でしばしば用いられる「意識改革」という言葉。一見スマートな言葉に思えるが、実は違う意味合いを持っているかもしれない。林業を「経営」の視点で考える、FOREST MEDIA WORKS Inc.のCEO楢崎達也氏の誌面連載コラム。

林業で一番大事なスキルとは? 業界で用いられる「意識改革」の意味を考える

アーボリスト®トレーニング研究所は、国内で唯一のアーボリスト養成組織。国際安全技術を基にアーボリスト技術と知識の普及を通じて、安全第一、労働災害事故防止を目指す。今回はリスクマネジメントについて、所長のジョン・ギャスライト氏にお話を伺った。

世界基準のアーボリスト技術と知識が学べる!アーボリスト®トレーニング研究所とは?

全国に広がる「林業女子会」のムーブメント。 女性目線で林業を語ると、様々な課題への新しいアプローチが見つかるかも? 今回は林業女子会@高知の"現場部"を覗かせていただいたので、その様子をレポートする。

〈潜入レポート〉女子の目線で林業界に情報発信を! 林業女子会で挙げられた課題とは?

他業界では進むICT化。林業業界ではなぜ進まないのだろうか。ポイントは林業が「補助制度の基に成立している業種」であることだ。林業業界のICTを考える、FOREST MEDIA WORKS Inc.のCEO楢崎達也氏による連載コラム。

林業事業体でICT化が進まない理由を考える 〜業界は本当にICT化を求めているのか〜

日本伐木チャンピオンシップは2014年に初めて青森県で開催され、以来、隔年で計3回開催されている。5つの競技種目で技術を競うこの大会は、林業従事者の作業への安全意識を高めるとともに、現場に対する意欲向上にもつながっているという。

安全意識や現場の意欲向上にも! 5種目で技術を競う日本伐木チャンピオンシップに迫る

1 2 3

アクセスランキング

  1. 中速回転でもパワフルな下刈りを実現! 山林用エンジンを搭載した耐久性抜群な刈払機
  2. 森林資源に応じたバイオマス利用へ! “地域”から生まれる熱を使った新事業とは
  3. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  4. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  5. 体系的に伐倒を学べるテキストづくりを! 死亡事故削減を目指したプロジェクトが開始
  6. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  7. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新夏号発行!
  8. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  9. 効率と安全性を追求! 2019年注目の「最新林業マシン」3選
  10. 高性能林業機械の修繕費を抑えるために重要なポイントは? 最新論文を解説

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.04 / ¥0

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら