エコ・地域づくり

地域木材を使用し、無人駅に地域を表すシンボルチェアを設置する『ツリー・バイ・アート』プロジェクト。この企画に込められた想いとは。アートの視点から森林資源の多様な可能性を考える、一般社団法人創造再生研究所所長の小見山將昭氏による連載コラム。

無人駅に木製アートベンチを! 地域と森を繋ぐプロジェクトとは

福井県池田町に北陸最大級の屋内木育広場「あそびハウス こどもと森」がオープンする。「木によって子供たちを育む町」を掲げる同町のおすすめ木育スポットと併せて紹介する。

北陸最大級の屋内木育広場がオープン! 「木育の町」池田町で、森と木の魅力にふれる

仲間とBBQを楽しみながら森林保全にも貢献できる。そんな素敵な炭が、間伐材を使った「LOHAsumi」だ。森林保全を持続的に支援する企業の取り組みとして、注目が集まっている。

BBQを楽しみながら森林保全! 間伐材を使った炭「LOHAsumi」が登場

プロの木こりがキャンプ場をつくる。そんなプロジェクトに、クラウドファンディングを通じて100万円を超える支援が集まった。なぜキャンプ場なのか。

持続可能な森づくりの入り口を! 北海道の林業事業体がキャンプ場の運営に挑戦!

竹の間伐材を使用したガレット「Bamboo Galette -竹害から生まれたガレット-」の販売がスタートした。開発の背景には、全国で増加する放置竹林問題を解決したいという思いがあるという。

世界初! 放置竹林問題を「食べて」解決! 竹を使用したガレットが話題に

木材を燃料として活用することを、行政はどう見ているのか? 本当に日本の森林と地域社会を豊かにするのだろうか。林野庁を訪れ、ご担当のお2人に聞いた。

林野庁も積極サポート! 木質バイオマスのエネルギー利用の推進

飛騨高山の木質バイオマス熱電併給事業には、全国で再生可能エネルギー事業を手掛けるシン・エナジー株式会社(本社:兵庫県神戸市)が参画している。同社は、どんな想いで関わり、この先どこに向かおうとしているのか。地域エネルギー事業のキーパーソン、乾正博社長に聞いた。

“地域主体”が大原則! 地元の方と共同で木質バイオマス事業を推進!

木材を燃料にして電気を生み出す木質バイオマス発電。上手に活用すれば、森を守り、地域を活性化することにも結び付くという。森林立国・飛騨高山の取り組みに、そのヒントを探る。

間伐材で「電気」と「熱」を作りだす! 飛騨高山で進むエネルギー活用術

主伐期を迎えた日本の森林資源を有効活用する手段として期待されている木質バイオマス活用。そこでは社会システムの構築とともに、高効率な林業機械が求められている。

高効率&低コストで実現! 知っておきたい「木質バイオマス利活用」のはじめかた

今、サステナブルな森林経営が世界で求められている。その根底にある最も大事なものは”自然環境保護”だ。それを訴える作品がオーストラリアの「フォー・フォレスト」だ。

サッカースタジアムが森林になる!? 自然環境保護の必要性を表現!

1 2

アクセスランキング

  1. 森林組合法改正案が閣議決定! 法案成立前にポイントを理解しよう
  2. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  3. 〈インタビュー〉林業の魅力を現場から届けたい! 「カッコイイ林業」を目指す若者たち
  4. 林業で一番大事なスキルとは? 業界で用いられる「意識改革」の意味を考える
  5. 林業を変える6つの技術にフォーカス!農林水産省が公開した「新技術カタログ」に注目
  6. 他業種交流でイノベーションを!『SUSTAINABLE FOREST ACTION 2020』参加者募集中
  7. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  8. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  9. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号3/17発行!
  10. トラックキャブの助手席からクレーン操作で効率化! 木材物流会社の革新的な労働環境

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.03 | ¥0
2020/3/17発行

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら