注目キーワード

イノベーション

針葉樹が包装材に⁉︎ 木材由来の再生可能なプラスチック「ウッドリー」とは

各国の次世代林業トピックから、新しい林業の可能性が見えてくる? フィンランドでは針葉樹でできた再生可能なプラスチックが開発された。将来的にはバイオ素材100%を目指しているという。

フィンランド発
再生可能なプラスチック

ウッドリーとは、フィンランドで2011年から開発されている木材由来の再生可能プラスチックだ。FSC(森林管理協議会)の認証を受けた森林で生産された針葉樹のセルロースをベースとし、化石資源由来の原料と組み合わせることで、従来のプラスチックと同様、食品や花などの包装材として利用でき、使用後は既存のリサイクル設備で再生できる。

これまでにウィパックなどの大手包装資材メーカーが提携しているほか、フィンランドの小売チェーン大手ケスコでも鉢植えの包装材として試験的に採用された。現時点では、原材料におけるバイオ素材の割合が40~60%にとどまっているが、さらなる研究開発によりバイオ素材100%を目指している。

©Woodly Oy




文:松岡由希子

FOREST JOURNAL vol.4(2020年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. トップハンドルに.325″を装着! オレゴンのスピードカットナノの実力に迫る
  2. フリーマガジン「フォレストジャーナル」2020年秋号 9/15発行!
  3. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  4. 国産材を生かした木製キャンプギアブランドが誕生! cridasとともにフィールドへ繰り出そう
  5. 事務交渉を組合が一手に引き受け、現場は生産に注力 大量の原木を共同販売
  6. 林業学校は日本の林業をどう変える? 林業界が抱える課題とは
  7. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  8. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】
  9. 「見て覚える」のはもう古い! 体系的教育による令和式林業従事者育成とは?
  10. 増加する山林の売買。 “森林探偵”の需要が高まる

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.05 / ¥0
2020年9月15日発行

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら