注目キーワード

機械・ツール

現場に適したサービスの導入を! ニーズと新技術を繋ぐ「つな技サイト」がリニューアル

民間企業の持つ新技術と農林水産の現場のニーズとのマッチングをめざして農林水産省が運営する「つながる農林水産技術サイト」。リニューアルによって林業分野でも利用が可能になった。

具体的なニーズにあわせて、
複数の新技術を提案

5月6日、農林水産省は、民間企業や研究機関の持つ新技術を現場のニーズに合わせて整理した「つながる農林水産技術サイト(略称:つな技サイト)」をリニューアルした。これまでに公表されていたのは農業・畜産業だけだったが、今回のリニューアルによって林業分野の新技術も検索できるようになった。
 
使い方は極めてシンプル。まずは「つな技サイト」にアクセスし、トップページのカテゴリから「林業」を選択。そこから「計画」「素材生産・販売」「造林保育」「作業全般」「その他」の6つのカテゴリを選択すると、具体的なニーズが一覧として表示される。さらに「具体的なニーズの内容」をクリックすると、ニーズに応える技術提案を閲覧できる。
 
ポイントは、掲載されているニーズが「境界画定時の現地立会について、林内の画像や位置情報を利用した机上の確認で代替する技術」(計画)等、かなり具体的に示されていることだろう。課題を明確に言語化できていないユーザーが使っても、自分たちに必要な新技術を見つけやすい設計になっている。
 
ニーズによってバラツキはあるものの、複数の技術提案を揃えていることもユーザーにとってはメリットだろう。



たとえば上述のニーズ「境界画定時の現地立会について、林内の画像や位置情報を利用した机上の確認で代替する技術」であれば、「森林3次元システム Assist Z(株式会社ジツタGIS事業部)」「森林360°ビューアソフト(晃洋設計測量株式会社)」「机上で森林の境界明確化を支援する技術(アジア航測株式会社)」「森林境界明確化システム(株)スカイマティクス)」の4社の技術が提示され、それぞれの企業の問い合わせ先も明記されている。
 
見積もりや仕様をスムーズに比較検討できるため、担当者レベルで導入に向けた資料を作る際にも重宝するはずだ。
 
さまざまな新技術に興味はあっても、日々の仕事に追われて技術の動向をチェックする余裕がない。そんな悩みを抱える方は、ぜひ一度「つな技サイト」にアクセスしていただきたい。

DATA

つながる農林水産技術サイト


文:松田敦

関連記事

アクセスランキング

  1. “木を飲む ”ことで森をもっと身近に! 木の幹からつくるお茶「konoki」とは
  2. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  3. 下刈り作業の人手不足を解消! ミニ油圧ショベルに装着できる草刈りアタッチメント
  4. ベースマシン選定は安全装備に着目を! 高性能林業機械『SH135X』で安全性向上へ
  5. 林業者は下刈り作業から解放されるのか? 最新の研究動向から下刈りの自動化に迫る
  6. 〈受付中!〉林業に役立つ人気アイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は9/16まで!
  7. 効率と安全性を追求! 2019年注目の「最新林業マシン」3選
  8. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  9. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  10. 中速回転でもパワフルな下刈りを実現! 山林用エンジンを搭載した耐久性抜群な刈払機

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.04 / ¥0

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら