機械・ツール

飽くなき探究心が生んだ! パルフィンガーから登場した新型モデルの魅力とは

最新の林業ニュースから、編集部イチオシ情報をお届け!パルフィンガーの新型グラップルローダーは設計部が徹底的にこだわり作り上げた至極の1台となっている。どんな魅力が詰まっているのだろうか。

パルフィンガー「エプシロン」
から快適性を追求した
グラップルローダーが登場

パルフィンガー・エプシロン設計部の飽くなきクレーン開発によって生まれた新型グラップルローダー『M12Z』。今までにないスムーズなクレーン操作に加え、人間工学に基づいた極上の座り心地のメカニカルサスペンション付きのシートによって長時間の作業でも疲れにくくなった。

さらに、色付きの丈夫なフードも新開発。強い日差しや悪天候の中での仕事を楽しく快適なものにしてくれる。

エプシロンでは特殊な配管技術でホースやパイプをクレーン内部に収納。損傷リスクを最小限にし、ランニングコストを低減している。


DATA

M12Z105
クレーン容量:104kNm
旋回トルク:28kNm
旋回角度:425°
最大作業半径:10.5m
定格圧力:260bar
問い合わせ:日本パルフィンガー株式会社
TEL:045-594-9550


FOREST JOURNAL vol.1(2019年秋号)より転載

 

関連記事

アクセスランキング

  1. エンジン式に劣らぬパワーのバッテリー式チェンソーがマキタから登場!
  2. 林業の新潮流「特殊伐採(アーボリカルチャー)」とは? 日本で大注目の新技術に迫る
  3. 効率と安全性を追求! 2019年注目の「最新林業マシン」3選
  4. ティンバースポーツの圧巻のデモも! STIHLが『MS 500i』発売記念イベントを開催
  5. 林業現場で活躍間違いなし! 気分も上がる新製品4選!
  6. STIHLプロダクトマネジャーに訊く! “持続可能な林業”をかなえる製品開発への想い
  7. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  8. 伐木も枝払いもコレ1台でOK!? ウワサのSTIHL最新チェンソー『MS 500i』を使ってみた
  9. フリーマガジン「フォレストジャーナル」9/20(金)創刊!
  10. 岡山県で急成長中の林業会社・杉産業が「スマート林業」を実践する理由

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.01 / ¥0
2019年9月20日発行

 


 


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら