「地域活性化」の検索結果

福井県池田町に北陸最大級の屋内木育広場「あそびハウス こどもと森」がオープンする。「木によって子供たちを育む町」を掲げる同町のおすすめ木育スポットと併せて紹介する。

北陸最大級の屋内木育広場がオープン! 「木育の町」池田町で、森と木の魅力にふれる

プロの木こりがキャンプ場をつくる。そんなプロジェクトに、クラウドファンディングを通じて100万円を超える支援が集まった。なぜキャンプ場なのか。

持続可能な森づくりの入り口を! 北海道の林業事業体がキャンプ場の運営に挑戦!

木材を燃料として活用することを、行政はどう見ているのか? 本当に日本の森林と地域社会を豊かにするのだろうか。林野庁を訪れ、ご担当のお2人に聞いた。

林野庁も積極サポート! 木質バイオマスのエネルギー利用の推進

飛騨高山の木質バイオマス熱電併給事業には、全国で再生可能エネルギー事業を手掛けるシン・エナジー株式会社(本社:兵庫県神戸市)が参画している。同社は、どんな想いで関わり、この先どこに向かおうとしているのか。地域エネルギー事業のキーパーソン、乾正博社長に聞いた。

“地域主体”が大原則! 地元の方と共同で木質バイオマス事業を推進!

木材を燃料にして電気を生み出す木質バイオマス発電。上手に活用すれば、森を守り、地域を活性化することにも結び付くという。森林立国・飛騨高山の取り組みに、そのヒントを探る。

間伐材で「電気」と「熱」を作りだす! 飛騨高山で進むエネルギー活用術

林野庁は2019年4月から新たに森林経営管理法を施行した。林業を営む事業者への追い風になるという同法律だが、実際に内容はあまり良く知られていないようだ。林野庁の発表資料からこの法律を掘り下げてみた。

林業経営者へ追い風が吹く? 放置林の問題を“森林経営管理法”が解決

かつてはブランド木材「山武杉」の産地として、全国的に知られていた千葉県山武市。 そこでいま、目新しいアプローチをとおし林業と地域を盛り上げている空師の2人がいる。

まるでアート!? 人々が森に夢中になる仕掛けとは?「森のウエディング」を成功させた2人の壮大な計画

大台町の木々を使った最高品質のアロマで、都会で暮らす人々のライフスタイルに森林の香りを届ける、新しい林業の形とは?

都会のライフスタイルに”森林を届ける”! アロマ製品で挑む宮川森林組合の取り組み

「信州・松本平の豊かな風景をつくる」というコンセプトを掲げ、林業の枠に収まらない多彩な活動を行う株式会社柳沢林業。2016年から始めた「馬搬」の可能性とは?

馬とともに”理想の林業”を目指す――「馬搬」に見る地域づくりのヒントとは?

木々の健康状態がひと目でわかる……!? ベルギーで新たなプロジェクトが始まった。街の樹木を効率的にモニタリングすることで、管理やメンテナンスに役立てる試みだ。

街の木々の健康状態を可視化! IoTを活用したプロジェクトが始動

アクセスランキング

  1. 安全対策は”KY朝礼”から! 異業種の常識を取り入れるマネジメント術
  2. 小回りが効いて使いやすい! 狭い道でも活躍する一台へと昇華させるグラップルソーとは
  3. 増加する山林の売買。 “森林探偵”の需要が高まる
  4. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号3/17発行!
  5. 林業現場の緊急時にも大活躍! 圏外エリアでもチャット通信できる“ジオチャット”とは
  6. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  7. 森林組合法改正案が閣議決定! 法案成立前にポイントを理解しよう
  8. 過酷な林業現場をストップさせない! 作業者の負担を減らすエンジン冷却システムに注目
  9. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  10. 北陸最大級の屋内木育広場がオープン! 「木育の町」池田町で、森と木の魅力にふれる

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.03 | ¥0
2020/3/17発行

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら