注目キーワード

エコ・地域づくり

周囲の森林もより居心地のいい場所に─林業会社による「キャンプ場」がオープンへ

年々人気が高まるキャンプは、一人のソロキャンプや自然の素材を活用するブッシュクラフトキャンプなど楽しみ方も進化。そんななか4月に信州・松本に誕生したのが、林業会社が管理運営するキャンプ場。森のスペシャリストの知恵を活かしたアウトドアが体験できる。

森と人が健康になる
キャンプ場作り

信州・松本で1964年創立の柳沢林業(代表取締役:原薫)は、山林管理業務の受託請負から伐採や植林、木材・加工品販売まで、地域林業の担い手として携わってきた。その実績を活かし、2021年度より松本市から委託を受けて「松本市美鈴湖もりの国オートキャンプ場」の管理運営を行っている。キャンプ場運営は柳沢林業にとっては初の試みとなる。

キャンプ場は松本市街地から車で約30分。標高1,000mの高台にあり、松本の街並みが一望できるロケーションだ。木のプロ集団である彼らが得意とするのは、「キャンプ場と周囲の森林をより居心地のいい場所にすること」。森林環境が整えばリラクゼーション効果が高まり、人だけでなく森自体も健康になる。そんな林業会社だからこそできるアウトドア空間で、心身ともにリフレッシュできる。



伐採から加工まで行う
「俺たちの薪」を提供

キャンプ場では、柳沢林業が伐採・加工まで一貫して行う『俺たちの薪』を提供している。地元・松本平で育つ、燃焼時間の長いクヌギ・ナラなどの広葉樹を伐採し、扱いやすいサイズにカット。火持ちがよく、煙が少なく、燃えカスが少ないのが特徴だ。

訪れたキャンパーたちは、地産池消の薪を使った贅沢な焚き火タイムが楽しめる。今後は、松本平の豊富な樹種を使い、木材によって異なる着火性・燃焼力・香りの違いを楽しむという林業会社ならではの焚き火イベントも計画中。他にも木材・木工製品のワークショップや森林・林業体験などの企画も考案中で、木を知り尽くしたプロによるワークショップは、よそでは味わえない内容が期待できる。



キャンプ場を
地域ブランドの発信地に

さらにキャンプ場では、「Born in Matsumoto」プロジェクトと銘打ち、地域企業の商品を販売するコーナーも設けられている。市内に蔵を構える「善哉酒造」地酒のほか、「松本ブルワリー」の土地のホップで醸すクラフトビール、松本発のキャンプギアメーカー「ゼインアーツ」や、肌に優しい豆糀菌で作る「信州松本女鳥羽せっけん工房」の商品などを取り扱う。キャンプ場が地域企業のアンテナショップとしての役割を果たし、キャンパーに松本の街をまるごと好きになってもらうのが狙いだ。

林業会社がキャンプ場を運営し、地域ブランドを発信し、まちの活性化を図るという新たな試みは、林業の未知なる可能性をさらに広げてくれそうだ。

DATA


松本市美鈴湖もりの国オートキャンプ場
所在地:〒390-0302 長野県松本市三才山1871
※松本城から車で約30分。
※高速「松本IC」または「梓川スマートIC」いずれからでも車で約30分。
TEL:0263-46-9990(平日9時〜17時)
開業期間:2021年4月28日〜2021年11月30日
※定休日は火曜・水曜(繁忙期は連続営業)

問い合わせ

株式会社柳沢林業


文:後藤あや子

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  2. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  3. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  4. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  5. 「稼げる林業の方程式」とは? 4人の林業家を通して見つけた重要ポイントを解説...
  6. 山林での報告業務をスムーズに! オフラインでも活躍する情報共有アプリ...
  7. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  8. 急傾斜地現場のあらゆる悩みに応えたい─ こだわり抜かれた“林内作業車”が登場...
  9. フリーマガジン「フォレストジャーナル」2021年夏号 発行!
  10. 2024年スタートの“森林環境税”って? 意外と知らない“森林環境譲与税”との違いとは?...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.08|¥0
2021年6月発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら