注目キーワード

イノベーション

【世界初】木材運搬用電気トラック開発! 製紙大手SCA社に導入へ。脱炭素に大幅貢献

木の「運び方」でも、サスティナブルなあり方が模索されている。スウェーデンのトラックメーカーが開発した、世界初の木材運搬用電気トラックを見てみよう。今年行われた試験走行の結果は一体?

スウェーデンで開発! 世界初の
木材運搬用電気トラック

スウェーデンのトラックメーカー大手スカニアは、製紙大手SCA社スウェーデン林業研究所との提携のもと、世界初の木材運搬用電気トラックを開発。2022年7月にSCAへ1台を納車した。この電気トラックは公道で最大64t、私道で最大80tまで積載して走行できるのが特徴だ。

2022年夏にはスウェーデン北部にあるSCAの木材集積所から製紙工場までの往復30kmを1日6往復する試験走行を実施。この区間で電気トラック1台を導入することにより、年間約5万5000kgの二酸化炭素排出量の削減が見込まれている。

今後、スウェーデン林業研究所が従来の木材運搬車と比較し、エネルギー消費量や生産性、コストなどを検証したうえで、SCAで本格的に導入される計画だ。

SCA社のHPはコチラ


文:松岡由希子



関連記事

林業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 林業作業のオールラウンダー!? 日本のニーズに合う、高効率でパワフルな最新機械4選!...
  2. ふと思う。『林業って雨の日はどうするの…? 休み?』林業3年生が綴る林業の日常...
  3. 『断然これが良いです』愛される、小型作業車の代名詞! 信頼される、その理由とは?...
  4. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  5. 「不採算森林、1ha=1万円で買い取ります」森も人材も育てる『青葉組』が目指すのは?...
  6. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  7. 2024年スタートの“森林環境税”って? 意外と知らない“森林環境譲与税”との違いとは?...
  8. 【成功例】長く乗れる新車導入で生産量UP! 安全な職場&丁寧な仕事でも、業績向上を...
  9. 伐倒から伐採まで! ロングリーチ&最先端ヘッドが緻密な作業を実現。圧巻の信頼マシン...
  10. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.13|¥0
2022/9/30発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら